« FCM14 ロリータ・ジレット | トップページ | FCM16 バンプドッグ(瘤付き犬) »

FCM15 ラスティ・ネイル

■■ラスティ・ネイル

投稿者名(九郎)

 

優先度 割当項目 内容

A 資産 450,000¥

B 技能 36/5

C能力16

D ヒューマン(3)

E 魔力/共振力

 

台詞:「元はアレス重工の暗殺者だった。命令は一つ『行って、殺して、死んで来い』

使い捨ての弾丸だった。それが幸か不幸か行って、殺して、生き残っちまった。」

 

解説:元アレス重工の暗殺者。

弾丸のように使い捨ての暗殺者。上司の「バレル」が標的を定め、後はミッションを遂行するだけ。

組織の信条は「行って、殺して、死ね」

男に過去は無かった。消されたのか、それとも事故か病気か。なんにせよ組織に入る前の記憶はほとんどない。ただ途中で死人が出るような過酷な訓練についていけ、その上で優秀と呼ばれる成績を残していたのだから以前からそのような訓練を受けていたのだろう。

ランナーだったか、軍だったか定かではないが。

そんな男の最初で最後のミッションで彼は失敗した。

自身を殺し損ねたのだ。

最初は上手く行っていた。

指示通り警備の隙を突き、外部雇のハッカーにセキリティを一時無効化させた。標的を発見後は一足一刀で首を落とした。

そしてボディガードに殺されてEND

証拠になるものは何も身に着けていないし、たとえ生かされ尋問されようと語れる情報なんて教えられていない。

だが終わらなかった。 気付いた時には辺りにはボディガードの死体と死に損なった自分。 左腕は千切れ、右腕もかろうじて繋がっているだけの酷いありさまだが、生きていた。 それからはただ生きていた。

自死も出来なかったのだから、生きていく他なかった。 そしてなぜかかまってくれるMr,ジョンソンと知り合い、その仕事を請け負っている。昔も今も、こうして殺して殺して金を貰うなんて人として最低な人間だな、って自分でも思うぜ。だからさ、せめて人間から外れないように殺した時のあの気持ち悪い感触にだけは慣れないでいようと思うんだ。

そうやって俺は生き続けるだろう。いつか、どこかの誰かが、俺の”ミッション”を成功させてくれる日まで。

 

種族:ヒューマン

性別:男 国籍:アメリカ

年齢:38

 

強靭 4 敏捷 5 反応 3(5) 筋力 3(サイバーリム9

意志 2 論理 2 直観 3 魅力 2

エッジ 5 エッセンス 3

イニシアティブ: 8+3D6

コンディション・モニター(身体/精神):12/9

リミット:身体 9 精神 3 社交 3

 

■資質:

頑強 消費カルマ9 高速回復 消費カルマ3

行動規範 獲得カルマ15 背負うべき感触(このキャラクターは如何なる状況下であっても接近攻撃しか行わない)

魔法抵抗R3 消費カルマ18

 

■能動技能 隠密グループ 3

 運動グループ 2

刀剣(カタナ) 6(+2) 

知覚5

武器整備 5

地上機操縦(バイク) 6(+2)

サバイバル 5

自由落下2

素手格闘 5

 

■知識技能

企業知識 3

警備会社 3

犯罪組織 3

シェークスピア劇 1

 

■言語技能 英語: N

 

■身体強化 神経増速 機器レーティング2

特注サイバーリム左腕(筋力6)+強化(筋力3、装甲値2)

特注サイバーリム右腕(筋力6)+強化(筋力3、装甲値2)

 

■装備とライフスタイル

近接武器:ムラマサ(カタナ相当品) 種別:刀剣 精度:7.リーチ1DV:12P AP-3

防具:アーマージャケット 装甲値[12]

 バイザー(ヘルメット相当品) 装甲値[2] +映像リンク +トロードネット

コムリンク:ヘルメス・アイコン 機器レーティング4

ライフスタイル:上流(2ヶ月)

偽造SIN(レーティング4)×3

偽造免許(レーティング4)×3 カタナ、サイバーリム強化、神経増速

ヴィーグル:トヨタ・ゴーファー

武器整備キット クレジットスティック・スタンダード(3000)×4

 

■初期所持金 3410新円+(5d6×500)新円

■繰越カルマ:7

■コンタクト: (コネ値 /忠実値 )

ミスター・ジョンソン(5/4)

■特記事項 なし

 

朱鷺田メモ:1コンタクトあたりのコネ値と忠実値の合計は最大7。(コメント修正)

 

|

« FCM14 ロリータ・ジレット | トップページ | FCM16 バンプドッグ(瘤付き犬) »

キャラコン」カテゴリの記事

シャドウラン5th」カテゴリの記事