« ホラー映画における「予兆」 | Main | 天からの洪水 »

April 15, 2005

Night Voices,Night Journeys

 上記タイトルはクトゥルフ・ジャパネスク・アンソロジー「秘神界」の英語版第一巻。
 本日Amazonより到着。
 非常に多忙のこれからを考えると、読む暇あるかなあ。

 序文は、クトゥルフ神話アンソロジスト、ロバート・プライス。
 なんで、キリスト教的な恐怖であるクトゥルフ神話を日本人が?という質問に答えるため、日本人の精神的な土壌を仏教や第二次世界大戦での敗戦、西欧化などを絡めてじっくり解説する。オウム真理教の事件にかなりの紙幅をととり、日本はすでにクトゥルフ神話的な世界を受け入れつつあると・・・。(微妙に解釈が違いそうだな、ここ)
 

|

« ホラー映画における「予兆」 | Main | 天からの洪水 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86478/3715301

Listed below are links to weblogs that reference Night Voices,Night Journeys:

« ホラー映画における「予兆」 | Main | 天からの洪水 »