« レベリオン | Main | アトランティス »

April 08, 2005

自分史:きっかけ

 専門学校の授業で「自分史」を作成させ、「今、ここにいる理由」を考えさせる。
 なぜ、ゲーム専門学校に来たのか? なぜ、クリエーターを志したのか?
 あるゲーム、もしくは小説との出会いがあったという生徒もいれば、小さな頃から、お話が書きたかったという生徒もいる。「ドラクエ」がきっかけという人がいれば、「美少女ゲームにはまったのは転落の始まり」という人もいる。
 その転換の焦点となる事件は何かを明らかにする。
 そうやって、キャラクターのデザインに生かす実習なのだが、もちろん、私にも私なりの「きっかけ」はある。
 
 多分、最初のきっかけは、小学校の頃、作文を誉められたからだ。
 童話と称した冒険物語を原稿用紙10枚ぐらいで書き、先生だけでなく、級友からも誉められた。調子に乗って20作ぐらい書いた。
 もう一つ、小学5年生の正月に、新聞配達で稼いだ小遣いで、春陽文庫の江戸川乱歩全集を買い始めた。完全に大人向けのほうである。多分、ここで何か道を間違った。そして、半年後には早川SF文庫を買い始めていた。
 中学と高校の時代は本読みの友達がいたことが強く影響している。中学時代の悪友Iとは街の本屋を制覇した挙句の果てに10キロ以上離れた隣町まで自転車で古本を探しにいった。高校時代の悪友(これもイニシャルはIである)は、純正のSFマニア、特撮好きの上に、UFO研究までやるという筋金入りで、卒業後も色々刺激を与え合った。少し前にUFO関連本の翻訳すらやってのけたのだが、一時期、こいつが成田空港の管制官(地上管制だったらしいが)をしていたのである。ああ、この男についてはネタが多すぎる。だが、よい男だ。彼が結婚した時には心底、安堵したものだが、かたぎじゃないのは私のほうだった。
 TRPGに出会ったのは大学に入ってからだが、ルーンクエストの真価に気づいた時は色々変わったと自分で感じた。結局、一心不乱にTRPGの設定と構造を考えた。他にもSFファンとして日本全国を渡り歩き、馬鹿なことをたくさんした。まあ、あの頃からまともな大学生ではなかったから、結局、こうなる運命だったのかもしれない。
 それでも、私をここまで導いてきた(人や本との)出会いには感謝している。
 それが今、私の仕事の礎になっているのであるから。

|

« レベリオン | Main | アトランティス »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86478/3618610

Listed below are links to weblogs that reference 自分史:きっかけ:

« レベリオン | Main | アトランティス »