« LAND WALKERマニュアル&製作話 | Main | シナリオとシステム »

May 19, 2005

沈黙のピアニスト

 すでにニュースで何度も触れられているネタですが・・・。
 1ヶ月ほど前に、イギリス南東部の海岸で濡れたスーツを来た男性が保護されたものの、身元が分からず、本人も何かおびえた様子で何もしゃべらないまま。さらにピアノを弾かせたら、えんえん引き続けるという。最近の公開調査で、どうやら、一時ローマやニースにいたフランス人らしいことは判明したようですが、なぜ、彼がそんな場所に現れ、何をおびえているのかはいまだ分からないまま。
 クトゥルフ神話好きとしては、何らかの理由で海に落ちた彼が、何かを見たのではないだろうか? と妄想でずにはおれません。これが南太平洋とか、ニューイングランドの浜辺だったら、確実にCですな。
 「ブルーローズ」のネタとして考えるならば、消えた都「イース」か、「アトランティス」でありましょう。「イース」についてはご存知の方も多いと思いますが、フランス沖に沈んだとされる幻の都市です。かのパリの語源が、Par-Is(イスを越える都)であるとも言われているほど、フランスでは有名な伝説です。海底から響く鐘の音というネタが「マスターキートン」にもありましたね。
 そこになぜ、ピアニストが? というあたりがさらなる謎を呼ぶ訳で、ピアニストとしての異才を見込まれて、巻き込まれたのか、あるいは異界に招き入れられたのか・・・妄想はつきませんな。

PS:昔からチェックしていた漫画家、二宮ひかるさんの「誘惑」が、6/9にコンビニ版として復活とのこと。
 400P 9本17話と書かれていますが、元の単行本「誘惑」は200Pで8話10本なので、数が合わない。「最低!」あたりの初期短編集からのベスト選集であろうが、6本連作の「最低!」あたりが入るのかな? 「ふたりで朝まで」は別にシリーズ化して欲しいところです。最近は寡作となっていたので、この機会に、スピリッツや画集などに少しずつ発表された作品、あるいは、書下ろしが入ると嬉しいですねえ。

PS2:バンタンの卒業生から「結婚します」のメールが届く。その日はイベントで九州にいますので、パーティにはいけませんが、その代わり「おめでとう」の言葉を贈ります。

|

« LAND WALKERマニュアル&製作話 | Main | シナリオとシステム »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86478/4193953

Listed below are links to weblogs that reference 沈黙のピアニスト:

» 身元不明のバード?! [カルシィ村へようこそ!-Neverwinter Nights]
海外からのニュースに目を惹かれるものが。 1ヵ月半無言の身元不明の青年、突然ピアノを弾きだす=英国 【ライブドア・ニュース 05月17日】− AP通信によると、先月4日、黒のスーツと黒ネクタイ姿で、洋服からはぽたぽたと水が滴り落ちるほどずぶぬれになった青年がイギ... [Read More]

Tracked on May 19, 2005 at 04:29 PM

« LAND WALKERマニュアル&製作話 | Main | シナリオとシステム »