« 月の夢、または大分旅行記 | Main | フォーチュン・クエストRPG »

June 07, 2005

センゴク

 大分への帰りに漫画「センゴク」(宮下英樹)第五巻を読了。
 織田信長と豊臣秀吉に仕えた武将、仙石権兵衛久秀の青春を描いた戦国時代劇である。武器の使い方や史実の 解釈がきちんとしており、信長家中の青春像がよく描かれている。姑息で臆病、ついでにエロイ秀吉、かぶき者でかなりいっちゃってる明智光秀、ギャンブラーで切れ者の徳川家康など新解釈の武将像も、ユニークである。
 第五巻は、浅井勢との姉川の合戦編。浅井の魁将軍、山崎新平の奇策によって、逆に桶狭間状態に陥る織田軍団。そこで直観で突っ走る仙石と盟友、坂井久蔵が必死の勇戦を果たす。
 いいねえ。
 次の巻は「比叡山焼き討ち」だそうですよ。期待期待。

|

« 月の夢、または大分旅行記 | Main | フォーチュン・クエストRPG »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86478/4456353

Listed below are links to weblogs that reference センゴク:

« 月の夢、または大分旅行記 | Main | フォーチュン・クエストRPG »