« 『真・女神転生X』スキル・サポート | Main | 『真・女神転生X』:50ギガワットの夢 »

July 18, 2005

深淵:黒い塔へ

「さてもさても、謀るものよ。そこまでして我を封じておきたいか?」
黒衣の公女に仕える姫巫女は、騎士に向かってそう呟いた。
「破魔の騎士ラスカリスの血筋をこうも揃えて送り込んでくるとは・・・」

 今日は、カズヨシさんのところで『深淵第二版』。以前よりよくテストプレイに来てくれていたが、いつか『深淵』をという2年越しの約束を果たすために出張。プレイヤーは4名で、即興型を。

●キャラクター決定
 運命は1枚をランダム引き、または、テンプレート固定で、第二の運命を「運命の幻視」ルールで決定する。
 出来たPCは以下の通り。

傭兵ダーレン
 醜悪さゆえに、その絶対的な忠誠(縁故6)を、邪悪な貴族の奥方ルクレツィア様に捧げる傭兵。奥方はどうも、館の奥におぞましい軟体魚類のごとき魔族を祭った祭壇を隠し持っているらしいが、それは秘密。そして、ダーレンは奥方の命令で、古き血を継ぐ貴族の姫君カロリーネ姫を暗殺し、逃亡中。おかげで高名なる騎士ラスカリスと宿敵の関係に。

騎士ブレンド・ストバラス郷
 非常に善人の騎士。頼まれたらいやと言えない(運命「しがらみ」)。
 突然、姿を消した末の妹フェイの行方を捜して、従者セバスとともに旅をしているが、その性格のため、またも、キャラバンを守りながらの旅に。

白馬を連れた娘ユーリ 
 「変わり者の親族」バシレイオス叔父さん(運命「妄想」)から、白馬ブランディッシュを預かっていたが、バシレイオスは色々おかしなことを口走り、突然、失踪。1年後、突然ユーリに「ブランディッシュとともに●●まで来てくれ」という手紙を送ってくる。敬愛する叔父の求めに答えて、少女と白馬は旅に出るが・・・

踊り娘アイーシャ
 普通の旅芸人の予定が、なぜか、「封印の守護者」の一族の出に。
 その封印の中に封じられていたのは「黒衣の公女パルガ」である。
 そして、深い絆で結ばれた兄エルウィスが一族を裏切り、封印の護符を奪って逃走してしまう。その際、信じていた兄に切りつけられたことで心に深い傷が刻まれてしまう(「狂気」に縁故3点)。そして、護符を取り戻すため、エルウィスを探す旅に。

●セッションの流れ

 この4人が同じキャラバンに加わり、魔物の谷を越える旅に出るところからスタート。
 骸骨の妖魔と死せる下僕を倒したものの、宵闇が迫り、一行は近くの村へ。しかし、そこは黒衣の公女を崇める黒の姫巫女が支配する烏の塔であった。そこでエルウィスとバシレイオスを発見するが、バシレイオスの様子がおかしい。姫巫女も、なにやら発言が危険で、一行はそれぞれ、自分たちが罠にはまったことを知る。
 この4人は何らかの形で、黒衣の公女の魔力を受け継ぐ者で、黒の姫巫女は運命に干渉して、彼らを集め、パルガに仕える烏の群れに食わせてしまおうとしたのだ。いきなり、屋上に呼び出され、烏に食われそうになるダーレンは必死の思いで屋内に逃げ込む。
 一方、バシレイオスの部屋を訪ねたブレンド卿とユーリは、廃人と化したバシレイオスのノートから、黒衣の公女を封印するために、古代の聖騎士ラスカリスの血筋、護符、軍馬、そして、その血に浸された短剣が必要であることを知る。ブレンド郷は自分がラスカリスの血を引くことを思い出し、自らの血で短剣を浸す。
 アイーシャは兄の異常を知り、部屋から脱出したところで、烏の群れに追われるダーレンと合流、兄から封印の護符を取り戻す。
 4人は馬小屋で合流、ラスカリスの血筋であるアイーシャとブランド、ラスカリスの軍馬の末裔であるユーリの愛馬ブランディッシュ、封印の護符、そして、ダーレンが古き血の姫を刺殺した(ラスカリスの古き血に浸された)短剣で、黒の姫巫女に戦いを挑んだ。

 黒の姫巫女(黒衣の公女パルガの化身、召喚値110相当、破壊の斧槍【5打】を装備)&黒衣の女(召喚値50)2体を相手に、騎士と傭兵が奮戦する。二人がやっとこじ開けた隙をついて、アイーシャとユーリがブランディッシュに乗って、姫巫女に突進する。条件の揃った短剣で無理矢理、効果値12+貫通を展開、叙事詩の一撃を含め、103点を削るも、後7点で踏みとどまった姫巫女の反撃で、アイーシャは気絶し、落馬してしまう。ブランドの血を注いだ短剣を預かっていたユーリが最後の一撃を決め、姫巫女は倒れ、パルガの復活は阻止された。
 死者は0ながら、4名中、3名が残り寿命0で、エンディングで病死(+魔族の走狗に)。

 今回も、ほぼ引いた運命と夢歩きで構成したが、途中で勝手に暴走する設定が気持ちいい。
 ラスBOSSが「パルガ」になったのも、アイーシャのプレイヤーが、封印している魔族を、3つの候補から「黒衣の公女」を選んだから。終盤には、騎士が3つめの運命を引いて、やはり「封印の守護者」に。ここで、ダーレンの宿敵ラスカリスを、一族の名称に格上げし、PCたちに深い関係があることに。
 うーん、今回もよく回って気持ちよかった。

PS:来週は深淵CONシキサイであるなあ。明日はYS-CONで『真・女神転生X』である。

|

« 『真・女神転生X』スキル・サポート | Main | 『真・女神転生X』:50ギガワットの夢 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 深淵:黒い塔へ:

« 『真・女神転生X』スキル・サポート | Main | 『真・女神転生X』:50ギガワットの夢 »