« D&D2.5:初めてのゴブリン討伐 | Main | ギリシア人って誰? »

July 21, 2005

カブキチョウ・ウォーズ

 「Black Lagoon」004読了。
 ヤクザVSロシア・マフィアにチーマーまで絡んで、戦争モード。姉さん、やりすぎだが、かっこいい。
 当然ながら、頭の中はこれでシナリオをやるぞ!という状況に。筋を通せば、「GUNDOG」というところだが、問答無用に『真・女神転生TRPG~魔都東京200X~』で。
 ヤクザVSロシア・マフィアの構図は変えないまま、ロシア・マフィアの背後に、魔術師、いや邪教の僧侶ラスプーチンの化身(魔術師+幻視者20Lv)が、ヤクザの中にはアンデッド化した殺し屋(成長させて射撃威力を強化したゾンビ・アーミー)が、これに、無差別殺人でカブキチョウのGPを超特急で上げようとする堕天使の手先、双子のボディコニアンやら、ジャックリパーやらが絡んで、カブキチョウは戦争状態に。
 そんな時、カブキチョウで発生した[異界]に、VIPが巻き込まれて失踪。
 救出を依頼されたPCたちは、悪魔のみならず、人間まで相手にする羽目になる。

 「皇国の守護者」のコミック版第一巻も読んだので、ロシアの戦姫さまもちょっと萌え中。
 ウラーと叫ぶ武闘派プリンセスが黒幕でもOK。

PS:「鬼神新撰」第三巻読了。明治初期を舞台に、新政府に復讐するため、死から復活した新撰組の面々と、松前藩士となった永倉新八がバトルするシリーズ。ついに近藤が復活し、暴れまくる。新八側でも松前藩のアイヌ忍者とか、京都からやってきた安倍晴明の末裔の美少女とか、生きていた斉藤一とか。「上海退魔行 ~新撰組異聞~」好きなら、大喜びすること必至! 他にもあんな人の末裔が出てきてびっくり。ああ、やられた。

|

« D&D2.5:初めてのゴブリン討伐 | Main | ギリシア人って誰? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86478/5084239

Listed below are links to weblogs that reference カブキチョウ・ウォーズ:

« D&D2.5:初めてのゴブリン討伐 | Main | ギリシア人って誰? »