« クトゥルフ戦国:諏訪国未然記始末 | Main | 日々雑記:SHINOBI »

September 26, 2005

彷徨う魂と肉体

「見るな。傷になる」
 -月刊 少年サンデーGX 
  「ブラック・ラグーン」日本編最終回。

 逃げるには賢すぎた。
 宵闇の中に留まるには若すぎた。
 ……そういう終焉(おわり)。
 予想してはいたが、目にすれば、心は痛む。
 傷を抱えて宵闇を彷徨う道を選んだロック。
 「平和の国」はもはや祖国にあらず。

 外出ついでによった本屋でサンデーGXをぱらりとめくる。普段、連載で読まない本を手にするのは凶兆。まあ、そういう次第。
 「ブラック・ラグーン」はビター。
 なぜか「美女で野獣」は、世紀末覇者伝説中。一体、何が?

 さすがに、泊り込みでゲームをすると翌日に疲れが残る。
 おかげで日曜日はヘロヘロと「金剛神界」の原稿を進めながら、本を読んだり、外出したり、テレビを見たり。動けない時は動かないと割り切るのも年齢というものだ。
 ついでに明日誕生日の息子のために、DSと「ポケモンダッシュ」を、家族のために「塊魂」を買う。
 もはや説明の必要もない「塊魂」は学校でその中毒性まで確認済みの一品。老後のために取っておくつもりだったが、目の前に安いBest版があってはいかん。帰宅後、転がすが、2トライ、17センチで力尽きるあたり、疲れているのを実感。
 テレビ朝日の「ボルケーノ」を見て寝る。ロスに突然火山が出来る話。日本だったら、「地震学者、何やっていた?」って話である。

「マグマ?」
「溶岩のこと」

 これが主役のロス市非常事態担当者と、若手地震学者の会話。この映画の想定視聴者を考えると色々ドキドキする。そう言えば、「日本沈没」がリメイクされるという話はどうなったのかな?

|

« クトゥルフ戦国:諏訪国未然記始末 | Main | 日々雑記:SHINOBI »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86478/6123790

Listed below are links to weblogs that reference 彷徨う魂と肉体:

« クトゥルフ戦国:諏訪国未然記始末 | Main | 日々雑記:SHINOBI »