« 日々雑記:修羅鏡など | Main | 諏訪国未然記始末・再話 »

September 30, 2005

まくはりかん

 娘が風邪気味で「ヨーグルトか何か買ってきて」というので、スーパーをのぞいたら、「のびるヨーグルト」というのがあった。ヨーグルトのどこが「のびる」のだか不明だが、のびる、トルコ風アイスクリームみたいなもんか?

 娘の感想は「おかしい」。食感が妙であると。

 妻曰く「まくはりかんが気持ち悪い」。

「まくはりかん」

 脳内では伝説級にこけた漫画「幕張」の絵が浮かんだ。
ああ、あの感じは気持ち悪いな。

 正確には、妻が趣味とする手作り石鹸の世界に「膜張り感」という表現があるらしい。油の膜が張ったような、もったりともねっとりとも言い切れぬ状況を表現する言葉だそうだ。
 確かに、一口食べて見ると、妙にどろりと抵抗する。

 少し、宇宙的な味かもしれない……

(と、無理矢理、クトゥルフ風に落としてみる)

|

« 日々雑記:修羅鏡など | Main | 諏訪国未然記始末・再話 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86478/6189522

Listed below are links to weblogs that reference まくはりかん:

« 日々雑記:修羅鏡など | Main | 諏訪国未然記始末・再話 »