« カトリーナは日本ヤクザの報復? | Main | 日々雑記:DS,遊戯王、七人の武器屋 »

September 17, 2005

日々雑記:秋葉原、ゲーマー生活

相変わらず、「金剛神界」と「クトゥルフ」な日々。
フェンシングするキャラクターとか、ネギマなキャラの再現用スキルとか、ダメなものを考えております。
ああ、今日中にまとめて、西上君に放り投げないと。

●8/18 秋葉原にて
今日、届いたある雑誌で見つけたニュース。

8月18日 秋葉原ダイビルにある東大理工学部の研究施設を皇太子殿下が訪問された。同研究所で開発中の人型ロボット(外見はほぼ「アイ・ロボット」)などを見学された後、その後、徒歩で秋葉原を視察、開通前の「つくばエクスプレス」に試乗された。

■関連ニュース
皇太子殿下が人型ロボットと対面している写真を見ると、ああ、21世紀なのだなあと感じる。
その一方、秋葉原を徒歩で視察していただくとは……感慨深いのか、文部科学省は何を考えているのか?

●必須教養の話、補足
 先日の「ガンダムが必須教養」にはいくつか反応をいただきましたので補足。
 「ガンダムを全部見ろ」というのは苛酷かとも思えるが、ゲームライター科の場合、就職先の主力が、ゲーム雑誌編集部やゲーム攻略本を作る編集プロダクションである。例えば、この夏など卒業生が『スパロボ』の攻略本で死にそうな日々を送っている。こうなると、『スパロボ』に出てくるロボットアニメの知識が、仕事に必要となるのである。

「この黄色くて、変な鉤爪のついた、悪そうな顔のモビルアーマーなんだっけ」

とか現場で言ってられないし……。
 プランナー科とか、グラフィック科とか、プログラマー科とか、作る側に回る生徒たちも、バンプレストなどのコンシューマー系を目指したら、いつかは、アニメ系のゲームを扱う可能性が多い。ガンダム・ネタはその最たるものという訳である。
 好きなゲームの元ネタぐらいでおたおたするな。原作を見たら、もっと面白いのだよ。

 もしも、ゲーム業界を目指す人がこのBlogを読んでいたのならば、ぜひ、初代とZ、あと最新のガンダムは見て欲しい(もちろん他のアニメや普通の映像作品もできるだけたくさん見て欲しい、本も読んで欲しい)。あとで絶対、役に立つから。実際、見てないアニメでもネタや仕事になることがたくさんあって、私自身、困ることもある。

 では、見ていない人はどうすればいいのか?
 
 「見ろ」

 ああ、みもふたもない。
 では、初代ガンダムをどのくらいで見られるか?
 とりあえず劇場版3本を見れば半日で終わる。

 TVアニメ版43話と言っても、CMを飛ばしたDVD版で見れば1本23分、OP/EDを抜けば20分、1時間に3本見られる。全話連続放映をすれば、14時間20分。まあ、休憩とか食事を入れても、20時間かな。1年通じての50話でも、同様に24時間もあれば見られるのですよ。学生時代ならば、まだ間に合う。誰かが絶対持っているから、ビデオ合宿でもやればいい。ガンダムなら資料本も多いから、それを片手に頑張ればいい。

 この体験はあとで絶対役立つ。
 ガンダムで出来たら、他の映像作品でもできる。
 本でも集中的に読んで無駄にしないコツを身につければいい。
 他の講師の先生もいっておられたが、瞬間的に勉強して、そのネタで文章が書けるようになるコツが分かるのである。ええ、私にとって、とても役立ってますよ。私はけっこう遅いほうですが。

|

« カトリーナは日本ヤクザの報復? | Main | 日々雑記:DS,遊戯王、七人の武器屋 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86478/5984780

Listed below are links to weblogs that reference 日々雑記:秋葉原、ゲーマー生活:

« カトリーナは日本ヤクザの報復? | Main | 日々雑記:DS,遊戯王、七人の武器屋 »