« ベルゼブブ、センゴク6、沖ノ鳥島爆破指令 | Main | イベント予定(10月以降) »

September 14, 2005

日々雑記:ピクショナリーと限定ジャンケン

昨日は学校。クラス全員で遊ぶゲームを二つ体験する。

(1)ピクショナリー チーム戦
 絵で書いて、単語を当てるボードゲーム、『ピクショナリー』を使ったお絵かき連想ゲーム。表現力とチームメイトのボキャブラリーが試されるもので、かなり楽しいですよ。ボードゲーム初心者でも3秒でルールが分かる。
 今回は、クラスを三つに分けてのチーム戦にしてきた。
 表現力に加えて、知識と機転の勝負ですな。「能登半島」を北方領土と勘違いする奴とかいて、どきどきするが、曲線1本で「象」とか伝わるのを見ると、テレパシーとか、ニュータイプの勘とか、言いたくなりますな。
 私のは1996年版なので、有森裕子とか、ウィンドウズ95とか、ビル・ゲイツとか微妙な単語もある。

(2)カイジの限定ジャンケン
 トランプを使い、「賭博黙示録カイジ」の限定ジャンケンを試みる。グー(クラブ)、チョキ(スペード)、パー(ダイア)が2枚、ライフ(ハート)が2枚。
 借金とそれにまつわる焦燥感こそこのゲームの本質なのであるが、賞品と追加ルールで状況再現とゲーム的な選択を試みる。

 ルール1:譲渡不可、カードは1対1交換のみ。
 ルール2:ジャンケンはジャッジの前でのみOK。
 ルール3:ジャンケンのカードは使い切らないといけない。
 ルール4:勝者はハートの数で決定、トップ2名のみ。

 『ピクショナリー』は好評であるが、『限定ジャンケン』はダレる瞬間があり、ゲームとして成立するためのスパイスがもうひとつ、必要に感じる。強制的な戦闘ルーチンが必要か? 

PS:学校で生徒と話していて、先週末の「ガンダムSEEDデスティニー」を見ていなかったような気分になる。おかしい、記憶がない。オレもボケたか……うちに帰って聞いたら、半分総集編だった。えーっと、後何回だっけ?

|

« ベルゼブブ、センゴク6、沖ノ鳥島爆破指令 | Main | イベント予定(10月以降) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86478/5936284

Listed below are links to weblogs that reference 日々雑記:ピクショナリーと限定ジャンケン:

« ベルゼブブ、センゴク6、沖ノ鳥島爆破指令 | Main | イベント予定(10月以降) »