« 『真・女神転生X』リプレイ『偽りの千年王国』見本到着 | Main | 1D6のスケール »

February 12, 2007

軟体の悪夢

 週末、打ち合わせから戻ると風邪がぶり返し、日曜日はダウンしていた。
 色々スケジュールは大変なのだが、明日、振り返る暇はなさそうなので、前のめりに行くことにして、エンジン再起動代わりにメモ的な日記を残そう。

●軟体の悪夢

 風邪で調子が悪いので、日曜日昼間は仮眠を取りつつ、ビデオを見たり、資料を読んだりするのだが、軟体系の悪夢//クトゥルフ神話関係//を連想させるものばかりがインプットされていく。
 おかげで800文字のクトゥルー神話小説賞のネタをおもいつく(→幻妖ブックブログ)が、平凡にも思える。はてさて、困ったもんだ。

 >プラネット・アースの最終回は「青い沙漠 外洋と深海」。
 
 日本が誇る深海探査邸「しんかい6500」による、石垣島沖合、海底1500mの鳩間海丘にある海底熱水噴出孔(チムニー)の海底探査の様子がメイン。何も無い中層深海(200m~500m?)を泳ぎ回るハダカガイやら、原始的なタコやら、オヨギナマコの様子はやはり怪異である。
 そして、深海まで沈んで落ちた魚の死体にカニとアナゴとエビが群れていく映像は恐怖。さらに無音の暗黒の中、死んで海底に落ちたマッコウクジラの遺体が漂泊された丘のようにたたずむ姿もまた……。

 メモ:母船の名前は「よこすか」。カジキマグロの回遊最大速度は120キロ。

 >信濃諏訪における「裏・浦島物語」
(菅野覚明「神道の逆襲」にて紹介。
 井原西鶴の『西鶴諸国ばなし』の一編とのこと)


 諏訪の「あばれ者」勘内が、解けかかった諏訪湖の氷を渡ろうとして行方不明となった。その年の7月7日、湖から光とともに帰還した勘内は、今、龍の都にいて豊かな暮らしをしているという。友人たちを龍の都に誘うが、勘内の従者たちからは、なにやら磯の香りが漂い、魚や巻貝めいた形をしている……。

 何も加工せず、クトゥルフ・ネタに。  もしかすると、インスマウスとは人類の原型的な……。

 >轟轟戦隊ボウケンジャー 最終回
 ラストBOSSは神官ガジャさまですが、ゴードム文明は外宇宙から飛来したそうな。
 つまり、外なる神ですか? 
 海に沈んでいたあたりが微妙にクトゥルー族っぽく。

 不死身の牙のラストを見て、妙に、『超時空要塞マクロス』(初代)の最後を連想する自分は年かもしれないと。

 メモ:次は獣拳です。
 日曜日朝、TV朝日の流れ。
 「古代王者恐竜キング Dキッズ・アドベンチャー」
 「獣拳戦隊ゲキレンジャー」
 「仮面ライダー電王」
 「Yes プリキュア5」

 メモ:「天保異聞妖奇士」にも注意。

●SR4 今月のシナリオ

 ファンプロ社のシャドウラン公式サイト(英語)では、毎月、フリーシナリオが公開されています。
 今月のシナリオはWinter Wonderland。

 Mr. Johnson lost cargo high in the mountains. He wants you to go in, schmooze the snow bunnies, dare the expert runs, and watch out for snow snakes. Oh, and bring the cargo back. It’s not just a job: it’s a vacation.

 ミスター・ジョンソンのカーゴが高山で行方不明に。ランナーに依頼される雪山でのカーゴ回収作業。雪兎と遊んでこい、雪蛇には気をつけろ~って、そいつは仕事じゃないだろ? だから荷物はちゃんと回収するように。

●学校メモ

 金曜日で学校は終了。次は4月の新入生ガイダンスなので、2ヶ月ばかりお休み。本格授業は5月から。

 期末課題の小説は2月末に、教務窓口へ提出のこと。

 企画科の生徒に早めのバレンタインをいただく。焼酎ボンボン。アルコールとチョコレートで動いている身としては大歓迎である。

 以下、本を見せて話した内容。

・となりの801ちゃん
 P.24「妄想兵器彼女」
 P.27「わたしの頭の中のエンピツ×消しゴム」
 P.47「彼女の友達の話」
 ゲームプランナーとして、ここから学べることが三つ。

・バラージ
 P.16-17 「ロベルタ」(第六巻表紙&未発表血まみれバージョン)
 OK? Ya se?

・皇學院大学入試案内
 伊勢神宮の隣にある神道系大学の入試案内。
 神道学科の入試基準とカリキュラムがほしくて入手。
 当たり前とはいえ、大学の入学パンフで神道礼拝の修行写真があるのは新鮮である。あの衣冠束帯も教材として買うんだよねえ。
 入学条件として、重要なことは「正座が出来ること」。
 推薦入学の場合、神社の推薦が必要な上、「合格後の辞退はしないように」と強く書いてある。

 4年制の神職養成機関は、ここの文学部神道学科と、國學院大學神道学部のみ。
 2年制の養成所は別にあり。

メモ:GWのK君が入れられそうになったらしい(笑)。鍛え直されることは確かだが、そういう場合、普通、仏教系じゃないのか? 

・神社の系譜
 将門公の首塚の話。
 『真・女神転生』系の基礎知識ではありますが、図解が分かりやすいので。
 より詳しく知りたい場合は『東京魔法陣』か『帝都物語』をば。

●GK06生へ

 企画科06生は2年生むけのライティングがないので、この学年は終了。
 スケジュール上、2月19日の後期合評会はいけませんので、場合によっては次にお会いするのは卒業式かもしれません。半年の間、お疲れさまでした。

 プランナー/シナリオライター専攻向けのライティングということで、ネタを拾い、書き続けることをテーマとしてきました。
 私自身は文章を教えることはできないと思っています。私自身、文章は下手ですからね。よりうまくなりたければ、より多くの本を読み、より多くの経験を積み、それを書き続けることと思います。
 あとは若さを生かす技をひとつ得ること。
 20年前の私はそれで生き延びた。

追記:授業後、合評会企画のチェック。
 キーワードは「切り口」と「読者への配慮」

●カード型ボードゲーム

 企画科の別のゼミで作成中のカードゲームを見て欲しいと頼まれたので、授業後、ちょっと乱入。
 カードを応用した可変ボード型の双六ゲーム。原作ありのものなので、原作基準で暴走する限りOK。
 帰り道で8×8バージョンのサバイバル・ゲーム・タイプを発想するも、次にその生徒に会えるのはいつか分からないので、ここに書いておく。拾った人は適当に伝言するとよい。

・参考にすべきもの
 「カルドセプト」「人生ゲーム」「ミスティック・ウッド」「盗賊騎士」「ボンバーマン」「ピンボール」

・ディベロップの指針 (自戒を込めて)
(1)ひどいゲームほど、短時間で。

(2)ミニマムとマキシマムの想定。

(3)そのルールはいるのか?
 おとせる物は全部落としてみる。
 この場合、双六である理由は?(根源的すぎる質問)

 落としたくない理由を自分で確認する。

・動きを止めるな。
 動きを曲げ、アクションとスリル//ドキドキ感を生み出せ。

・ネーミングは10回言えること。
(原音の日本語化には注意)

●Y十M 6巻
 街道旅編。天海和尚登場。

●本買い日記(これから読む本)

・ミミズクと夜の王
 電撃大賞受賞作。電撃らしからぬ本格ファンタジーっぽい表紙に心臓を射抜かれる。
 両手両足に枷をはめられ、額に332と焼き印された少女「ミミズク」は自ら「人ではない、ミミズク」と名乗り、夜の森に住む魔物の王「夜の王」に食われたいと望む。
 ゆるゆると楽しみたい。

・オイレンシュピーゲル壱
・スプライトシュピーゲルⅠ
 冲方丁氏の多方面同時展開作戦シリーズ。近未来のウィーン、ミリオポリスを舞台に、サイバー化された少年少女機甲警察部隊がテロと戦う……らしい。「犬」を三つ重ねてケルベロスとか、「火」を三つ重ねた「火の妖精」とか。

・メモ:雑誌
 直木賞受賞作の掲載された文藝春秋が出ていたね。
 月刊プレイボーイにスティーブン・キングの新作短編『ウィラ』。

|

« 『真・女神転生X』リプレイ『偽りの千年王国』見本到着 | Main | 1D6のスケール »

Comments

The comments to this entry are closed.