« 昨夜はニコ生クトゥルフ | Main | ラヴクラフト聖誕祭@阿佐ヶ谷ロフトA »

August 12, 2013

R&R107発売:深淵第三版開発開始、エクリプス・フェイズ、シャドウラン

Rr107cover

 いつもお世話になっておりますTRPG雑誌『Role & Roll』107号がまもなく発売です。

 今回から、担当ゲームに関して二つの新展開があります。

■深淵第三版 開発開始

 拙作のダークファンタジーRPG『深淵』は、第二版が2008年2月に発売されて以来、5年あまりが経ちました。1997年の初版以来10数年の長い間、継続して来られたのはユーザーの皆さんの応援があってこそでした。ありがとうございます。
 このたび、来年発売を目標に、第三版の製作を行なうことが決定し、R&Rにてのサポート体制は、開発日誌という形になります。『深淵』らしさを残しつつ、より遊びやすいものを目指して行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 第三版へのご意見につきましては、ぜひともR&R編集部までお寄せいただけましたら、幸いです。

 今号の『開発日誌』は、まず、コンセプト確認ということで、『深淵』の長所短所の話です。
 『深淵』は、本格的なダークファンタジーTRPGとしては、かなり珍しい立ち位置の作品ですので、その個性を捨てるのは本末転倒です。夢歩き、運命、縁故、魔族などの基本的なゲーム・エンジンを大事にしたまま、より多くの人にプレイしてもらえるように、開発を進めていくつもりです。

 いくつかのデータはどうしても入れ替わる形になります。
 魔族の中でもデータが変わる者もおりましょうし、新規の魔族などもデザインする予定です。このあたり、ぜひとも皆様のご意見をお聞かせください。

■エクリプス・フェイズ リプレイ『月の熾天使 ~ マーズ・サイクラーの帰還』連載開始

 朱鷺田が翻訳監修をしております、SF-TRPG『エクリプス・フェイズ』のリプレイ『月の熾天使 ~ マーズ・サイクラーの帰還』が今月号から連載となります。有翼義体『ルナー・フライヤー』をまとったハイパーエリートの女性、ルクサーヌが火星から帰還した時…月を巡る邪悪な陰謀が姿をあらわす!

 このリプレイは、以前、掲載されました『金星の人狼』の続編ではありますが、お話は独立していますし、舞台も、月になっていますので、新たに読んでいただいても大丈夫です。

 >>>前回の主人公(?)のひとり、タイタンの探検家アルビン君が、なぜか、女性型の分岐体(フォーク)になっていたりします。義体(モーフ)の乗り換え可能なEP世界ならではの出来事ですね。<<<

 背景設定を理解するには、こちら「マーズ・サイクラーの帰還」(SFPW)もどうぞ。

■シャドウラン:第六世界へ:新東京の暗黒街

 シャドウランの連載記事『Sixth World Almanac』は、新東京の暗黒街編。新東京の闇に潜む犯罪組織「ヤクザ」の設定を、「Corporate Enclaves」から紹介。あと、新東京のシャドウランナーも。

 サンプル・キャラクターは、山田風太郎風の邪道剣客「ドワーフのガマ武者」
 サイバーウェアと格闘技で剣技を極めたドワーフ・サムライ。
 20m以上先から踏み込んできて、野太刀の居合い抜きで切り裂きます。
 野太刀のダメージ値11Pとか。

 ちなみに、こいつには、ニッサン・パトロール1を真っ二つにされたことすらあります(汗)

|

« 昨夜はニコ生クトゥルフ | Main | ラヴクラフト聖誕祭@阿佐ヶ谷ロフトA »