January 01, 2017

2017年 謹賀新年

旧年中は大変お世話になりました。

トランスヒューマンSF-RPG『エクリプス・フェイズ』を刊行することが出来ました。
本年もゲーム製作・翻訳・執筆に邁進し、一歩ずつ進めて参りますので引き続き、よろしくお願い致します。


Ep


|

January 01, 2016

謹賀新年

2016年 謹賀新年

昨年は、ゲームマーケット大賞の審査委員をさせていただいた他、「魔都紅色幽撃隊」(ノベライズ)、「中つ国サーガ読本」(記事)、「ランナーズ・コンパニオン」(翻訳)や「辺境騎士団領」(サプリメント)などを刊行いたしました。本年は『エクリプス・フェイズ』と『シャドウラン5th Edition』の翻訳、『深淵第三版』などの刊行が続く予定です。一歩ずつ進めて参りますので本年もおつきあいいただけましたら、幸いです。

2016年元旦

朱鷺田祐介 拝

■昨年と今年の仕事

Photo

「魔都紅色幽撃隊」(ノベライズ):西上柾氏との共著です。
 よい体験をさせていただきました。続編の予定は残念ながら、ございませんが、また、機会を見て小説の企画をさせていただきたいと思っていますし、少しずつ書き進めているものもありますので、形にしたいと思っています。

Photo_2

「中つ国サーガ読本」(記事):クトゥルフがご縁で時折、呼ばれるようになった洋泉社さんの映画秘宝で「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」に関する別冊です。朱鷺田がトールキンを解説するなんて、汗顔の至りですが、楽しい仕事でありました。この手のファンタジーやSF関連の解説記事はいつでもお受けいたします。

Photo_5

シャドウラン4A「ランナーズ・コンパニオン」:シャドウラン20th Anniversaryルールブック対応のキャラクター関連上級ルールブックです。キャラクターの幅を広げたい方には最適です。

Photo_3

「辺境騎士団領」:「深淵第二版」のサプリメントです。テンプレート集2でもあり、ワールドガイドでもあります。「深淵」を本格的に楽しむためにぜひお手元に。

Photo_4

『エクリプス・フェイズ』(翻訳):SF-TRPGです。ずいぶん、お待たせしましたが、現在、編集作業中です。
 お楽しみに!

Sr5coverfull

 『シャドウラン5th Edition』(翻訳):シャドウランの最新版。現在翻訳中です。もう少しだけお待ち下さい。

 さらに、『深淵第三版』の開発も進めております。ずいぶんおまたせしておりますが、今年の早い時期になんとかしたいものです。

■近々の予定

 現状、以下のイベントに参加予定です。

1月31日(日) 東京深淵CON‐シキサイ‐ 

2月21日(日) クトゥルフ神話オンリーCON

 この関係上、ゲームマーケット2015神戸には伺えない予定です。
 今年も3月の邪神忌や8月のラヴクラフト聖誕祭を開催したいと思っております。詳しい内容が決まり次第、また告知させていただきます。

■最近の状況

 昨年は色々個人的な状況で平日の昼間、身動きがしにくい状況があり、各方面にご迷惑をおかけしております。少しずつ改善して参りますので、よろしくお願い致します。

 それはさておき、年末もゲームをする訳で、30‐31日は打ち合わせを兼ねて知人宅でボードゲーム。「ゾンビタワー3D」「学園メテオ」「脳トレゾンビ」「オルレアン」「世界七不思議」をプレイ。楽しゅうございました。
 さらに、除夜の鐘の前に、家族でカタンをプレイ。配置が悪く、負け。
 三が日もカタンをプレイするので、頑張るぞ!


 

|

March 22, 2015

ブログ10周年、Role & Roll 126号


■ブログ10周年

 明日の3月23日で、このブログ「黒い森の祠」も10周年を迎えます。
 読んでくださった皆様、ありがとうございました。
 明日は朝から多忙なので、今のうちにブログを更新しておきます。

 TRPGデザイナー、朱鷺田祐介の情報発信の場として使い、あちらこちらうろうろしながら、10周年を迎えます。長かったような短かったような。色々お世話になった方、ご迷惑をおかけした方も多々おりますが、まあ、朱鷺田は相変わらず、いや、ここ10年で少しずつ仕事をシフトしつつも、ベースはTRPGなどアナログ・ゲームを中心に、物書きを続いています。翻訳者として紹介されることもありますが、昔の友人に海外小説翻訳のベテランがいるので、どこかおもはゆいものです。もう少し頑張っていきたいところです。

 10年の間に出来たこともあれば、まだ、出来ないでいることもあります。まずは目の前の一歩一歩を進めて参ります。私も50代に入り、白髪も増えて、若い頃ほどは無茶も出来ません。歩みは少しずつゆっくりとなっていきますが、もう少し前を向いて進んでいきたいと思います。

■Role & Roll 126号

 Role & Roll 126号発売中です。
 朱鷺田は「深淵」「シャドウラン」「エクリプス・フェイズ」の記事を寄稿しています。
 「シャドウラン」のワールドガイドはスー国。特殊部隊ワイルドキャットを擁する最強の先住民国家。クリッターは剣歯猫とグレーター・サンダーバードを紹介。
 「エクリプス・フェイズ」はルールガイドが今回で終了。
 次回からリプレイ「地球降下作戦」がスタートです。

 安田均先生の記事で、「シャドウラン:クロスファイア」の紹介が。
 シャドウランの協力型リビング・カードゲームです。面白いですよ。

 鈴木銀一郎先生の入院の関係は、九月姫さんのコミックで続報が。
 ご退院とのお話も聞いておりますので、まずはほっと一息。

■イベント

今年のTRPG文華祭は6月20・21日とのこと。
朱鷺田は出席の方向で調整中。

■Twilog日記的な何か

・某日、寒いので酒を飲む。
 以前、いただいた沖縄ラム「Cor Cor」を飲むと夏の酒だなあ、と感じる。夏は熱い国の酒を飲み、冬は寒い国の酒を飲む。まあ、それでいいか。だとしたら、今はウィスキー、国産なら北海道にあるNIKKAの出番か。いえ、NHKの回し者ではありません。アイラでもいいんですよ。

・バンタン・ゲーム・アカデミーの卒業式で、ライター科とノベル科の合同打ち上げに参加。色々話し、酔って帰宅。今日は反動で寝たり起きたり。

・「異世界食堂」読了。ファンタジー世界からやってきた者たちが洋食屋で出会う美味のお話。2もあるらしく楽しみ。出てもいない登場人物の続編を勝手に書くためにどうする?、と悩むというこれまた謎の夢を見て起きる。

・そういいつつも胃腸が弱っているようなので、朝は中華粥で。貝柱を入れて細火でことこと煮た白粥。仕上げにみじん切りした白菜、人参、葱、大蒜、ハムを混ぜ、塩・胡椒・ラー油で味付け。
 その後、少しさめた中華粥にキュウリのみじん切りを加えて、シャキシャキ感を追加。これ、体が冷えるから夏向きなのですが、思いついてしまったので、実行。美味し。

・邪神忌で言及したギミアぶれいく版「インスマスを覆う影」。パック・イン・ビデオ社がマーベラスに吸収された際にビデオ化権はTBSに戻ったとのこと。とりあえず、メモ代わりのご報告をば。

・いい話

桜が日本を北上する時間はだいたい毎時2~3キロメートルなんだそうな。つまりは幼子が普通に歩く速度ってことになる。日本の桜の訪れが小さい幼子の神さんによるものだとしたら、ずいぶん素敵な話だよね by jam

・1ー3月期のアニメが次々と終わる。視聴が追い付いていないものもあるが、頑張ってみる。
 「四月は君の嘘」 分かっているが、やっぱり傑作。

・ゲームマーケット春に「タケノコ」のデザイナー、アントワン・ボザが来るようだ。秋とは異なり、日本に来やすい時期らしい。カンヌ・ゲーム祭も終わったし。

・今週末は久しぶりに、ミードの会へ行く予定。
 楽しみ、楽しみ。

・メモ ナラガンセット・ビールのラヴクラフト・ハニー・エール

 飲みたい。

|

January 01, 2015

謹賀新年 2015


 新年明けましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願い致します。

■新年のご挨拶

 2014年は各方面の皆様に大変お世話になりました。
 ありがとうございました。

 おかげさまで、シャドウランのサプリメント「アンワイアード」とリプレイ「帝都の天使たち」を刊行できた他、雑誌やウェブなどの記事を書かせていただきました。4Gamerさんの取材で、初めて、ドイツの地を踏み、エッセンSPIEL'14 の取材が出来たことも印象的でした。50歳を過ぎて、まだ新しい体験ができるとは非常に幸運なことであります。
 その一方で、『深淵第三版』の開発、『エクリプス・フェイズ』の翻訳などもろもろ遅れているものもあります。今年はこれらの課題をひとつひとつクリアして行きたいと思っています。正直、かなり過酷な試練の年になりそうなところがございますが、それもまた人生、楽しんで参りたいと思います。

■今年の予定

 まず、シャドウランの上級ルールブック『ランナーズ・コンパニオン』が刊行されます。キャラクター関係のルールとなりますので、お楽しみにしてください。正式な発売日が決まりましたら、改めて告知させていただきます。その他、水面下で企画が進んでおりますので、お楽しみに。

 『深淵』関係では、まず、テンプレート集が製作中です。『第三版』も見えてきたので、早急にまとめたいところです。『エクリプス・フェイズ』は、もう少しお待ちください。すいません。

■近々のイベント

 現状、1月末のクトゥルフOnlyCONと翌日2月1日の東京深淵CON~シキサイ~へのGM参加を予定しております。クトゥルフCONは『比叡山炎上』を使って、江戸吉原物をと考えております。

 ボードゲーム関係で、ゲームマーケット大賞の選考委員を拝命しましたので、ゲームマーケットやボードゲーム関係のイベントに出没する可能性があります。四人の選考委員の中では一番ボードゲーム分が薄い朱鷺田ですので、まずはゲームのやりこみからと思っております。

 今年も3月の邪神忌や8月のラヴクラフト聖誕祭を開催したいと思っております。詳しい内容が決まり次第、また告知させていただきます。

■そんなこんなの日々

 今年の末は多忙で行方不明になる日々も多く、水面下の動きもあれですが、なんとか大晦日だけは自宅でボードゲームをいじってみたりしました。家族好例の年越しカタンは一勝一敗。その他、『ブリュージュ』をいじってみたり。いただきものや購入したゲームをいじるのが、気分転換になっています。

 


|

August 21, 2014

BLOG遅延中


色々多忙で、BLOGが遅延中です。

7-8月の参加イベントがかなり抜けていますが、JGCまでにはカバーしたいなと思っております。

もう少々お待ちください。

|

March 23, 2014

ブログ開設9周年

 本日 2014年3月23日で、本ブログは9周年を迎えました。
 皆様、ありがとうございました。

 9年前の今日。

 この直後に『真・女神転生TRPG~魔都東京200X~』製作開始となりました。なつかしいなあ。

 2005年3月の本ブログ。

 これからもゆるゆるとしながら、続けて参りますので、よろしくお願い致します。

|

December 18, 2013

日々雑記:あれから16年、ファンタジックヒューマン、Kindle版など

 年末年始まで色々ギリギリな感じの朱鷺田です。

■あれから16年

 今日、12月16日は、若い頃、ずいぶんお世話になった「ウォーロック」誌編集長・多摩豊さんの16回目の命日です。私がTRPGの仕事に入るきっかけを作ってくださった方でしたが、若くして持病で亡くなられてしまいました。
 朱鷺田は、まだ、このあたりで色々動いています。
 まだ、作りたいゲーム、やりたい仕事がありますので、もう少しあがいてみる予定です。

■ファンタジックヒューマン

ファンタジックヒューマン~幻想世界の亜人種大全~ (HOBBY JAPAN大全シリーズ) 密田 憲孝

Fantasichuman

バンタン卒の若手ライター 密田憲孝君の新刊をいただきました。
私も少しだけお手伝いしました。

■Kindle版

 サイドバーにあります通り、富士見書房ドラゴンブックスで出た昔の本がまた2冊Kindle版になります。2月頃の発売となるようです。

・ダンジョン・シネマテーク

Photo

 TRPGのシナリオ作りやマスターリングを映画に学ぼうという、GM向けの本。私の若い頃は、割りとこういう本が書きやすかったのですが、現状は、個々のゲーム自体の発達と分化が進んだので、書きにくい部分があります。
 色々、若い感じがするなあ。

・RPG用誤辞典

Trpg

 若気の至り的な一冊。RPGドラゴンに連載したネタ・コラムが単行本になり、20年近く経ってKindleになってしまうあたり歴史を感じますねえ。まあ、これも私であります。

|

September 03, 2013

訃報:金子隆一さん

 ネット経由で知人より、サイエンス・ライターの金子隆一さんが亡くなられたという連絡を受けました。

 大学生の頃、出入りしていた渋谷の金曜会やSFのイベントで、色々なSFの話、科学のお話を聞かせていただきました。最近は私自身がSF界から離れて久しく、科学の解説書などで活躍されているのを知るのみでした。

 心よりご冥福をお祈りします。

|

March 12, 2013

日々の日記:2月末~3月上旬

 備忘録代わりに、2月末から3月上旬の日記をば。

●311

 あれから2年。黙祷。

●モード切り替え

 何とか1本、翻訳に目処がついたので、モードの切り替え中。
 今週来週のイベントラッシュと雑誌記事を終わりにしたら、あれやこれやを解決しつつ、リプレイ起こしと本の仕事に入ります。4月一杯はやるべきことが決まっていますが、それはさておき、ライター業の常という訳で、いつでもお仕事募集中です。はい。

●お別れの会

 3月某日。
 マジック・プレイヤーにして、TCGデザイナー石田格君のお別れの会に出席。

 いい会であった。200人以上の関係者が集まり、90年代に活躍した懐かしいマジック・プレイヤーの顔が見られた。故人に捧げるエキシビジョン・マッチは岡本尋(般若)VSフジケン(イタリック・ブルー)。傍らで金沢さんがカードに落書きするところまで含めて懐かしい風景だった。

 流星のように駆け抜けてしまったな。

●合掌

 訃報が続いている。

 日本のマンガやアニメをアメリカに紹介していた、トーレン・スミス氏が亡くなった。詳しくはこちら。 若いころにご縁があった。知人の妹さんと結婚したし、気づくと同じ雑誌(『ログアウト』)で記事を書いていたこともある。
 合掌。

 納谷悟朗さんの訃報に涙。沖田館長と銭形警部が。合掌。

●シャドウラン:ダメージ・コントロール

Cat26408_damagecontrol_cover_185wid

 3月某日。
 「シャドウラン」の公式シナリオ「Damage Control」の3回目。
 ドバイを舞台に、ゼーダー=クルップの手先となってヤバいランを次々こなす。今回は「会社を潰す!」「ドバイ国際兵器展示会」「ドバイ沖海戦」の3本でした。
 次回で終わるかな。

●そして

 ブラウザの履歴とブックマークが飛んだ(汗)
 あと、家族用のPCもクラッシュ。
 もう大変。

|

December 18, 2012

15年目 多摩豊さんへ


 ふと気づくと、「ウォーロック」編集長の多摩豊さんがなくなって、今日で15年目となった。
 ニフティをウロウロしていた駆け出しフリーライターの私に、TRPGの仕事を紹介してくれた恩人である。師匠筋というべきだが、多摩さんの病気もあり、年もほとんど変わらなかったので、師事というより、諸々お世話になったという印象が強い。

 この人がいなければ、ここにこうしていることもなかっただろう。
 今でも、感謝しております。

 相変わらず、ここにおります。
 献杯。

|

より以前の記事一覧