July 11, 2017

Twikog的メモ:クトゥルフCON、山梨非祭など

 少しブログ更新の間が空いてしまったので、色々メモを兼ねて更新中。
 4月から7月の範囲でいくつかの動きがありました。これらをTwitterからのメモでまとめておきます。

■7月1・2日 山梨非祭

 先週末は、山梨の非電源系ゲーム祭り(非祭り)にゲスト参加しました。
 山梨の非祭り(非電源系ゲーム祭り)にゲスト出演してきました。GMとして、「エクリプス・フェイズ」「深淵」「シャドウラン5th」を回し、後はボドゲ三昧、山梨グルメでした。楽しい時間をありがとうございました!

■クトゥルフCON

先日、行われたクトゥルフ神話TRPGのコンベンション「クトゥルフ神話オンリーコン」では、『比叡山炎上』のKPとして、この『城をひとつ』の最終話および同氏の『幻海』からインスパイアされたシナリオ『小田原攻め外伝 螺合谷に囁く闇』をプレイした。

伊豆半島に北条家の隠し金山を探しに行きましたが……熱海の神社の由来が素でヤバイのじゃよ。

詳しくは「シミルボン」のコラムにて

こちらでは「朱鷺田祐介は突破したい ライトノベル篇」を連載中です。

■Febri Vol.42

 見本誌到着。「正解するカド」特集。「進撃の巨人」作者+編集者対談、いくえみ綾インタビュー、湖川友謙先生対談、imasコミックとか贅沢。
朱鷺田はリコメンドで動物クイズゲーム「ファウナ」を紹介。たーのーしー。

■大ボドゲ宴

 健部さんや藤浪さんと一緒に、ル・ヴァン一周年の大ボードゲーム大会「大ボドゲ宴」にゲスト出演。「パンデミック:クトゥルフの呼び声」「ロスト・テイルズ・オブ・クトゥルフ:ダンウィッチ」などをインストし、後はちょっとしたトークをば。

 ル・ヴァンは埼玉県武蔵浦和にある建産連センターに出店しているカフェ・ビストロですが、パティシエでもあるシェフ、マネージャー、担当の公認会計士までは高校以来のゲーム仲間で、20年後、一緒にレストランをすることに。ええ話やね。「真・女神転生TRPG覚醒篇」のキャンペーンをまだ続けておられるとのこと、作者冥利に尽きます。

 会場で、EJIN研究所の江神号さんから「ハコオンナ」をいただく。
 ありがとうございます。
 ホラー系ボードゲームの傑作ですが、「印刷所を変えてパーツの精度が上がったバージョンを出せるところまで来ました!」とのこと。素晴らしい。さらなる活躍を期待しております。

■ドレコ・パーティ

「クトゥルフと帝国」イベント「ドレコパーティ」@横浜開港記念会館。

5月21日 クトゥルフ・イベント「ドレコパーティ」
キーパー情報
朱鷺田は「剣鬼の影 ‐  大正帝都新撰組始末」。50年前、函館で死んだはずのあの男が帝都に帰還!

帝都のオカルト事件に対処する帝国陸軍特務組織「D機関」は新撰組の亡霊事件に挑む。しかし、来日した「大いなる獣」アレスター・クロウリーが大混乱を招く。

■ゲームマーケット2017春

ゲームマーケット2017春。
今回はGame Jamboreeに、「オブ・ザ・デッド」の小説を寄稿致しました。こちらもよろしくお願いします。

午前中に「エクリプス・フェイズ」のGM。「聖ニコラウス号」シナリオ。
ご参加いただいた皆さん感謝!
楽しんでいただけましたらありがたいです。

午後は「ロスト・テイルズ」のブースで、朱鷺田がデザインしたカードゲーム「ロスト・テイルズ・オブ・クトゥルフ:ダンウィッチ」の拡張「オブ・ザ・デッド」の売り子。邪神を倒しに行ったら、ゾンビに襲われるという拡張!

終了後、上海のゲーム会社さんと飲み。日本語のゲームの中国語訳と販売をされているとか。中国のアナログゲーム市場の話をしていたはずがいつの間にかアニメ談義に。

中国語でプリキュアは「光之美少女」、男の娘は「偽娘」だそうです。
ちい、覚えた。

中国のゲーム事情。日本のTRPGは書籍なので、中国での出版には規制が多く、玩具扱いできる箱ゲームの方が扱いやすいとか。御本人たちはD&D、クトゥルフの他、エクリプス・フェイズ、Trail of Cthulhuなどをプレイ。拙作「比叡山炎上」も中国では話題らしい(汗)

中国のゲーム事情。書籍の検閲問題はやはり厳しいようで、その結果、中国でもライトノベルはウェブ小説発信が増えつつあるとか。
 この関連の参考記事がGame Jamboreeの「りゅうたま」記事。英語化され、アメリカでの受賞となったが、中国語版も出ているとか。


 色々漏れている気もするが、とりあえず、こんな感じで。

 今月はあと、TRPG文華祭東京深淵CON シキサイに参加予定。

 TRPG文華祭は、二泊三日の宿泊型イベントです。

 東京深淵CON シキサイは拙作「深淵」のファン主催オンリーコンです。朱鷺田もGMとして参加してきましたが、今回が最終回となり、会場もいつもと違うRole & Rollステーションになります。


|

パンタポルタ「クトゥルフ四方山話」「ワールドクリエーターのためのブックガイド」

 新紀元社のファンタジー情報サイト「パンタポルタ」にて、二つの記事連載が始まりました。週替りの連載で、隔週掲載の予定です。

■「クトゥルフ四方山話「序章:クトゥルフ神話入門2017」」

 クトゥルフ神話に関する雑学や周辺のお話を書いてまいります。「クトゥルフ神話ガイドブック」が2004年ですので、あれから13年ぶんの雑多なお話をつらつらと書く予定で、最初は解説を兼ねた概要からです。

■ワールドクリエーターのためのファンタジーブックガイド
 第1回:『ディプロマシー』と『幼女戦記』で学ぶ地政学

 もうひとつの連載は、ワールドクリエーター、つまり、小説、マンガ、ゲームなどで架空世界を作りたいと思っている人におすすめする本のお話です。
 朱鷺田は、TRPG関連のゲームデザイナー/ゲーム翻訳者であるとともに、上記「クトゥルフ神話ガイドブック」の他、「海の神話」「超古代文明」「酒の伝説」「図解巫女」などの本を新紀元社にて、出させていただいておりますので、仕事上、読んできた色々な本のお話をいたします。

 編集長からは「弊社の本以外をばんばん紹介してください」というお墨付きをいただきましたので、そういう方向で行きます。

 こんな世界を作りたいので、どんな本を読んだらいいの? というご希望がありましたら、パンタポルタさんの公式Twitterなどにぶつけてください!


|

8月20日 ラヴクラフト聖誕祭 〜「ダゴン」誕生から100年〜

Lofta170820hpl


 今年の夏も、ラヴクラフト聖誕祭を行います。
 今年は、ラヴクラフト作品「ダゴン」の執筆から100年目にあたりますので、私(朱鷺田)&森瀬で、ラヴクラフトについて語ります。今回のゲストは漫画家のドリヤス工場さん。

H・P・ラヴクラフト聖誕祭〜「ダゴン」誕生から100年〜

Lofta170820hpl2


ハワード・フィリップス・ラヴクラフト127回目の誕生日に合わせ、名状しがたい宴が開催されるーー。
ラヴクラフト最初の《神話》作品である小説「ダゴン」は、1917年7月に執筆された。
これこそが《神話》が生み出された瞬間であり、実に100年が経過したのである。
この夏、改めて神話誕生の瞬間に思いを馳せ、語り尽くそう。

開催:8月20日(日)
OPEN 12:00 / START 13:00

今回は昼の部です。ご注意ください!

参加費:予約¥2,000 / 当日¥2,300(共に飲食代別)

【出演】
森瀬繚(作家・翻訳者・クトゥルー神話研究家)@Molice
朱鷺田祐介(作家・ゲームクリエイター)@TokitaSuzakuG

【ゲスト】
ドリヤス工場(作家)@driyasfabrik


ドリヤス工場
略歴
 同人誌・商業誌で妖怪漫画風パロディを多く手掛ける。著書に『あやかし古書庫と少女の魅宝』『○○すぎる文学作品』シリーズ。現在『テアトル最終回』(『文豪春秋』)を連載中。また、リイド社のWEBサイト「トーチ」に掲載されている「定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。」にて、「クトゥルフの呼び声」(第66回)を公開中。

|

May 06, 2017

5月21日:ドレコ・パーティ(「クトゥルフと帝国」)


 5月21日(日)、横浜開港記念会館で開催される「クトゥルフと帝国」オンリー・イベント「ドレコ・パーティ」にゲストKPとして出演することになりました。

 これは、「クトゥルフ神話TRPG」の日本サプリメント「クトゥルフと帝国」に合わせて、その時代の雰囲気に合わせたドレス・コードの衣装を着て、クトゥルフ神話TRPGのセッションを楽しもうというものです。

 舞台は、大正時代の日本ということで、和服と洋装が入り交じる大正ロマンの時代。
 さて、どうなりますやら。

 いや、そもそも、俺はどんなコスプレをすればいいやら。

|

May 04, 2017

ロスト・テイルズ・オブ・クトゥルフ:ダンウィッチ・オブ・ザ・デッド

007

 5月14日のゲームマーケット2017春にて、昨年、朱鷺田がデザインしたカードゲーム「ロスト・テイルズ・オブ・クトゥルフ:ダンウィッチ」の拡張、「ロスト・テイルズ・オブ・クトゥルフ:ダンウィッチ・オブ・ザ・デッド」が発売となります。
 基本セットは、邪神の完全封印を目指し、4人の若者が再びダンウィッチを訪れるものですが、今回の拡張では、ダンウィッチに発生したゾンビとの戦いが加わります。

 拡張単体でも遊べますが、基本セットと合わせると面白さが倍増。

010

 背中が黒いのが、基本。赤いのが拡張。
 これを混ぜて使うことで、さらなる面白さが出ます。

 イラストは弘司さん。カードはすべて新規描き下ろし!


|

February 16, 2017

3月15日 邪神忌 (ラヴクラフト80周忌) 邪神の作り方

 今年も、3月15日の夜に、阿佐ヶ谷ロフトAにて、ラヴクラフトの命日イベント「邪神忌」を開催します!

 H・P・ラヴクラフト命日「邪神忌」〜クトゥルフ神話講座:邪神の作り方〜

OPEN 18:30 / START 19:30
予約¥2,000 / 当日¥2,300(共に飲食代別)
ご予約は阿佐ヶ谷ロフトAウェブ予約と電話予約にて2/18(土)12:00頃より受付開始
・ウェブ予約 ロフトA web予約ページ
・電話予約:03-5929-3445(17:00~24:00)
※ご入場はウェブ予約の方→電話予約の方、の順番となります。

【出演】
森瀬繚(作家・翻訳者・クトゥルー神話研究家)@Molice
朱鷺田祐介(作家・ゲームクリエイター)@TokitaSuzakuG

H・P・ラヴクラフトの命日をファンの皆様と共に偲びつつ、彼の作品並びにクトゥルー神話について語り通すトークイベント「邪神忌」が、今年も開催!

ラヴクラフト没後80年の2017年、ラヴクラフトなどクトゥルフ神話の邪神について、作家たちがどのようにそれを生み出していったかを検証。森瀬繚・朱鷺田祐介が邪神と作家を語り尽くす。

参照

Lofta170315hpl


|

September 16, 2016

クトゥルフビール作りました(10月2日 東京ボードゲームコレクション)


 ゲーム・ジャンボリーさん、ゲームバー・グリュックさんの共同企画で、クトゥルフ・ビールを製作いたしました。
 10月2日の東京ボードゲームコレクションのグリュックのバー・ブースで販売いたします。

 以下、ゲーム・ジャンボリーさんのTwitterより。

Beer_dunwhitch


Beer_lyluye


【10/2の東京ボードゲームコレクション
『ゲームバー・グリュック』にて、
グリュックさんと共同制作したオリジナル・クトゥルフビールを販売します。
味は朱鷺田先生監修。
蜂蜜風味のダンウィッチと海の眷属エキス配合のルルイエビールの2種類です。】

|

August 05, 2016

パンデミック:クトゥルフの呼び声 発売中

006


008

翻訳を担当しました「パンデミック:クトゥルフの呼び声」がホビージャパンより発売中です。
邪神復活を企てる邪教の信徒がラヴクラフト・カントリーに忍び込み、探索者たちは邪神復活を防ぐために奮闘するという協力型ボードゲームです。

これに伴い、8月7日には、ホビージャパン社のニコ生に出演します。
今回は森瀬繚さんも一緒に、邪教の信徒と戦うぞ!

|

June 15, 2016

8月20日 H・P・ラヴクラフト聖誕祭〜『死霊のはらわた』VS『死霊のしたたり』〜

 今年もやります! ラヴクラフト聖誕祭!
 今回はあの映画の話を。

H・P・ラヴクラフト聖誕祭 〜『死霊のはらわた』VS『死霊のしたたり』〜

OPEN 12:00 / START 13:00
予約¥1,600 / 当日¥2,000(共に飲食代別)
ご予約は阿佐ヶ谷ロフトAウェブ予約にて受付中!
・阿佐ヶ谷ロフトAウェブ予約ページ

【出演】
森瀬繚(作家・翻訳者・クトゥルー神話研究家)@Molice
朱鷺田祐介(作家・ゲームクリエイター)@TokitaSuzakuG

『Ash vs Evil Dead』日本上陸記念!?
ハワード・フィリップス・ラヴクラフト126回目の誕生日に合わせ、名状しがたい宴が開かれます。
今回からは実験的にちょっと装いを変えまして、特別ゲストは……たぶんナシ!
クトゥルー神話から派生した北米大陸の二大B級ホラー・アイコン、アシュレイ(アッシュ)・J・ウィリアムズとハーバート・ウェストについて、日本ではなかなか目にする機会がないかもしれない関連作品をお見せしながら、森瀬繚と朱鷺田祐介が150分語り倒します!

※注意:ネタバレ満載になる可能性がありますので、事前にH・P・ラヴクラフト「死体蘇生者ハーバート・ウエスト」はもちろん、『死霊のはらわた』シリーズ、『死霊のしたたり』シリーズを鑑賞の上で参加されることをお勧めします。

Lofta160820hpl


|

May 31, 2016

KFC(レレレOnly Con)、比叡山炎上発売から10年

 今日は拙作「クトゥルフ神話TRPG 比叡山炎上」の発売から10年目となります。
 戦国クトゥルフということで、割と好き勝手やらせていただいた作品ですが、昨今のクトゥルフ神話TRPGブームで何度か増刷していただき、ありがたいことです。
 こういう無茶ネタはまたやりたいので、酔狂な版元さん、よろしくお願いいたします。

■KFC(レレレOnly Con)

 週末は「レレレ」こと「It came from the Late, Late, Late show 深夜三流俗悪映画の襲来!」のオンリーコン「鎌倉フィルムコンベンション」(略称KFC)に参加してきました。

 「レレレ」はアメリカのステラー・ゲームズが制作したTRPGで、B級映画の俳優になり、無茶な映画撮影に臨むというコミカルな要素が面白い作品です。弊社スザク・ゲームズが19年も前に翻訳出版したのですが、田中としひささんのマンガ「おこんないでね」でも描かれた通り、版権を買いにいったら、「本気か?」と答えられたというネタのような作品です。残念ながら、ステラー・ゲームズの倒産により出版を続けることが出来ませんでしたが、スザク・ゲームズとしては二作目であり、思い出深い作品です。もはや私の手元にも在庫はなく、入手難となって久しいのですが、そんな古い作品のオンリーコンに30名もの方が集まっていただいたことは本当にありがたいことです。

 朱鷺田も監督のひとりとして参加、クトゥルフネタで攻めさせていただきました。
 4名のプレイヤーのうち、初めてレレレに触れる方が3名ということで、非常に楽しいセッションとなりました。
 参加者の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

 色々スタックしていて、お待たせてしてしまっておりますが、頑張っておりますので、今後とも、TRPGの制作を進めていきますので、よろしくお願いいたします。

|

より以前の記事一覧