July 11, 2017

Twikog的メモ:クトゥルフCON、山梨非祭など

 少しブログ更新の間が空いてしまったので、色々メモを兼ねて更新中。
 4月から7月の範囲でいくつかの動きがありました。これらをTwitterからのメモでまとめておきます。

■7月1・2日 山梨非祭

 先週末は、山梨の非電源系ゲーム祭り(非祭り)にゲスト参加しました。
 山梨の非祭り(非電源系ゲーム祭り)にゲスト出演してきました。GMとして、「エクリプス・フェイズ」「深淵」「シャドウラン5th」を回し、後はボドゲ三昧、山梨グルメでした。楽しい時間をありがとうございました!

■クトゥルフCON

先日、行われたクトゥルフ神話TRPGのコンベンション「クトゥルフ神話オンリーコン」では、『比叡山炎上』のKPとして、この『城をひとつ』の最終話および同氏の『幻海』からインスパイアされたシナリオ『小田原攻め外伝 螺合谷に囁く闇』をプレイした。

伊豆半島に北条家の隠し金山を探しに行きましたが……熱海の神社の由来が素でヤバイのじゃよ。

詳しくは「シミルボン」のコラムにて

こちらでは「朱鷺田祐介は突破したい ライトノベル篇」を連載中です。

■Febri Vol.42

 見本誌到着。「正解するカド」特集。「進撃の巨人」作者+編集者対談、いくえみ綾インタビュー、湖川友謙先生対談、imasコミックとか贅沢。
朱鷺田はリコメンドで動物クイズゲーム「ファウナ」を紹介。たーのーしー。

■大ボドゲ宴

 健部さんや藤浪さんと一緒に、ル・ヴァン一周年の大ボードゲーム大会「大ボドゲ宴」にゲスト出演。「パンデミック:クトゥルフの呼び声」「ロスト・テイルズ・オブ・クトゥルフ:ダンウィッチ」などをインストし、後はちょっとしたトークをば。

 ル・ヴァンは埼玉県武蔵浦和にある建産連センターに出店しているカフェ・ビストロですが、パティシエでもあるシェフ、マネージャー、担当の公認会計士までは高校以来のゲーム仲間で、20年後、一緒にレストランをすることに。ええ話やね。「真・女神転生TRPG覚醒篇」のキャンペーンをまだ続けておられるとのこと、作者冥利に尽きます。

 会場で、EJIN研究所の江神号さんから「ハコオンナ」をいただく。
 ありがとうございます。
 ホラー系ボードゲームの傑作ですが、「印刷所を変えてパーツの精度が上がったバージョンを出せるところまで来ました!」とのこと。素晴らしい。さらなる活躍を期待しております。

■ドレコ・パーティ

「クトゥルフと帝国」イベント「ドレコパーティ」@横浜開港記念会館。

5月21日 クトゥルフ・イベント「ドレコパーティ」
キーパー情報
朱鷺田は「剣鬼の影 ‐  大正帝都新撰組始末」。50年前、函館で死んだはずのあの男が帝都に帰還!

帝都のオカルト事件に対処する帝国陸軍特務組織「D機関」は新撰組の亡霊事件に挑む。しかし、来日した「大いなる獣」アレスター・クロウリーが大混乱を招く。

■ゲームマーケット2017春

ゲームマーケット2017春。
今回はGame Jamboreeに、「オブ・ザ・デッド」の小説を寄稿致しました。こちらもよろしくお願いします。

午前中に「エクリプス・フェイズ」のGM。「聖ニコラウス号」シナリオ。
ご参加いただいた皆さん感謝!
楽しんでいただけましたらありがたいです。

午後は「ロスト・テイルズ」のブースで、朱鷺田がデザインしたカードゲーム「ロスト・テイルズ・オブ・クトゥルフ:ダンウィッチ」の拡張「オブ・ザ・デッド」の売り子。邪神を倒しに行ったら、ゾンビに襲われるという拡張!

終了後、上海のゲーム会社さんと飲み。日本語のゲームの中国語訳と販売をされているとか。中国のアナログゲーム市場の話をしていたはずがいつの間にかアニメ談義に。

中国語でプリキュアは「光之美少女」、男の娘は「偽娘」だそうです。
ちい、覚えた。

中国のゲーム事情。日本のTRPGは書籍なので、中国での出版には規制が多く、玩具扱いできる箱ゲームの方が扱いやすいとか。御本人たちはD&D、クトゥルフの他、エクリプス・フェイズ、Trail of Cthulhuなどをプレイ。拙作「比叡山炎上」も中国では話題らしい(汗)

中国のゲーム事情。書籍の検閲問題はやはり厳しいようで、その結果、中国でもライトノベルはウェブ小説発信が増えつつあるとか。
 この関連の参考記事がGame Jamboreeの「りゅうたま」記事。英語化され、アメリカでの受賞となったが、中国語版も出ているとか。


 色々漏れている気もするが、とりあえず、こんな感じで。

 今月はあと、TRPG文華祭東京深淵CON シキサイに参加予定。

 TRPG文華祭は、二泊三日の宿泊型イベントです。

 東京深淵CON シキサイは拙作「深淵」のファン主催オンリーコンです。朱鷺田もGMとして参加してきましたが、今回が最終回となり、会場もいつもと違うRole & Rollステーションになります。


|

パンタポルタ「クトゥルフ四方山話」「ワールドクリエーターのためのブックガイド」

 新紀元社のファンタジー情報サイト「パンタポルタ」にて、二つの記事連載が始まりました。週替りの連載で、隔週掲載の予定です。

■「クトゥルフ四方山話「序章:クトゥルフ神話入門2017」」

 クトゥルフ神話に関する雑学や周辺のお話を書いてまいります。「クトゥルフ神話ガイドブック」が2004年ですので、あれから13年ぶんの雑多なお話をつらつらと書く予定で、最初は解説を兼ねた概要からです。

■ワールドクリエーターのためのファンタジーブックガイド
 第1回:『ディプロマシー』と『幼女戦記』で学ぶ地政学

 もうひとつの連載は、ワールドクリエーター、つまり、小説、マンガ、ゲームなどで架空世界を作りたいと思っている人におすすめする本のお話です。
 朱鷺田は、TRPG関連のゲームデザイナー/ゲーム翻訳者であるとともに、上記「クトゥルフ神話ガイドブック」の他、「海の神話」「超古代文明」「酒の伝説」「図解巫女」などの本を新紀元社にて、出させていただいておりますので、仕事上、読んできた色々な本のお話をいたします。

 編集長からは「弊社の本以外をばんばん紹介してください」というお墨付きをいただきましたので、そういう方向で行きます。

 こんな世界を作りたいので、どんな本を読んだらいいの? というご希望がありましたら、パンタポルタさんの公式Twitterなどにぶつけてください!


|

January 01, 2016

謹賀新年

2016年 謹賀新年

昨年は、ゲームマーケット大賞の審査委員をさせていただいた他、「魔都紅色幽撃隊」(ノベライズ)、「中つ国サーガ読本」(記事)、「ランナーズ・コンパニオン」(翻訳)や「辺境騎士団領」(サプリメント)などを刊行いたしました。本年は『エクリプス・フェイズ』と『シャドウラン5th Edition』の翻訳、『深淵第三版』などの刊行が続く予定です。一歩ずつ進めて参りますので本年もおつきあいいただけましたら、幸いです。

2016年元旦

朱鷺田祐介 拝

■昨年と今年の仕事

Photo

「魔都紅色幽撃隊」(ノベライズ):西上柾氏との共著です。
 よい体験をさせていただきました。続編の予定は残念ながら、ございませんが、また、機会を見て小説の企画をさせていただきたいと思っていますし、少しずつ書き進めているものもありますので、形にしたいと思っています。

Photo_2

「中つ国サーガ読本」(記事):クトゥルフがご縁で時折、呼ばれるようになった洋泉社さんの映画秘宝で「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」に関する別冊です。朱鷺田がトールキンを解説するなんて、汗顔の至りですが、楽しい仕事でありました。この手のファンタジーやSF関連の解説記事はいつでもお受けいたします。

Photo_5

シャドウラン4A「ランナーズ・コンパニオン」:シャドウラン20th Anniversaryルールブック対応のキャラクター関連上級ルールブックです。キャラクターの幅を広げたい方には最適です。

Photo_3

「辺境騎士団領」:「深淵第二版」のサプリメントです。テンプレート集2でもあり、ワールドガイドでもあります。「深淵」を本格的に楽しむためにぜひお手元に。

Photo_4

『エクリプス・フェイズ』(翻訳):SF-TRPGです。ずいぶん、お待たせしましたが、現在、編集作業中です。
 お楽しみに!

Sr5coverfull

 『シャドウラン5th Edition』(翻訳):シャドウランの最新版。現在翻訳中です。もう少しだけお待ち下さい。

 さらに、『深淵第三版』の開発も進めております。ずいぶんおまたせしておりますが、今年の早い時期になんとかしたいものです。

■近々の予定

 現状、以下のイベントに参加予定です。

1月31日(日) 東京深淵CON‐シキサイ‐ 

2月21日(日) クトゥルフ神話オンリーCON

 この関係上、ゲームマーケット2015神戸には伺えない予定です。
 今年も3月の邪神忌や8月のラヴクラフト聖誕祭を開催したいと思っております。詳しい内容が決まり次第、また告知させていただきます。

■最近の状況

 昨年は色々個人的な状況で平日の昼間、身動きがしにくい状況があり、各方面にご迷惑をおかけしております。少しずつ改善して参りますので、よろしくお願い致します。

 それはさておき、年末もゲームをする訳で、30‐31日は打ち合わせを兼ねて知人宅でボードゲーム。「ゾンビタワー3D」「学園メテオ」「脳トレゾンビ」「オルレアン」「世界七不思議」をプレイ。楽しゅうございました。
 さらに、除夜の鐘の前に、家族でカタンをプレイ。配置が悪く、負け。
 三が日もカタンをプレイするので、頑張るぞ!


 

|

June 05, 2015

追悼タニス・リー、ニコ生、祝ナイトランド復活他

 前回から間があいてしまったので、覚書代わりに更新。

 なお、今月一杯は修羅場確定。何をしているかは秘密。

 とりあえず、6月20日・21日のTRPG文華祭には、シャドウランと深淵を持っていく予定。
 エクリプス・フェイズは岡和田君がGMをしてくれる予定。

■追悼タニス・リー

タニス・リー公式サイト 

稀代の幻想の紡ぎ手であったタニス・リーが亡くなった。

ああ。「闇の公子」が好きでした。

■R&R

R&R128発売中。朱鷺田は「深淵」「シャドウラン」「エクリプス・フェイズ」の記事を寄稿。「シャドウラン」はワールドガイドで北米アラスカあたりにある極寒の国「アサバスカ評議会国家」を紹介。「エクリプス・フェイズ」はリプレイの二回目。

026

■ニコ生

5月14日、ロール&ロールさんのニコ生が始まり、そのテスト版的な第0回に参加。

私は「ランナーズ・コンパニオン」の紹介を。
ネタと河嶋さんへの挨拶に、電光石火とミードを持っていったのに、言及するタイミングを逸してしまいました(汗)

■特撮秘宝

特撮秘宝の見本到着。 巻末の怪獣文芸特集のレビューに参加しています。

030

■いただきもの

cosaic様より、「CV(履歴書)」「王への請願」「Black Stories:Funny Death Edition」をいただく。ありがたい! 遊びたかったのですよ。

020


022

クトゥルフCONにて、白鶴のミード(蜂蜜酒)(中央)を入手し、スタッフよりスパークリング日本酒「つや姫BENTEN」(左)をいただく。ありがとうございました。右はミール・ミイさんから買った白鷹のミード。「つや姫BENTEN(辯天)」は夏に似合うなあ。

008

■ナイトランド・クォータリー

「ナイトランド・クオータリー」が到着。
吸血鬼特集で、ドラキュラ紀元の新刊冒頭とか、朝松先生の一休もの新作とか。

今回、朱鷺田は参加しておりませんが、復活を祝し、献杯。
叢書も含め、期待しております。

012

■Twitter的な日記

某日、蒲田のミスボドさんにお邪魔してゲーム。「知ったか映画研究家」「フラムルルイエ」「ライデマスター」「アムステルダムの運河」「象棋麻将(シャンチーマージャン)」「量子カノジョ」をプレイ。ほとんど勝てなかったけれど、楽しい一日でありました。感謝。


009


011


013

バンタンの授業で、人狼したり、ディプロマシーしたり。
授業の都合上、朱鷺田は毎回、イタリア。かたや極大化した英仏連合に必死の抵抗。かたや独伊連合電撃戦でフランスが壊滅寸前。2年分プレイして、続きは次週というヒドイ授業。わはは。

006

某日
シャドウランのセッション。Mr.ジョンソンが毎回、ネタになってきた。よしよし。

ゆるゆると読んでいた「マージナル・オペレーション」がついに五巻まで到着。面白うございました。

グレッグ・スタフォードとサンディ・ピーターセンがケイオシアム社に復帰か。さて、どうなるのか? いや、どうしてそうなった?

|

May 10, 2015

クトゥルフ・クラフト・ビール、Game Jamboree

 もう5月。今月来月も修羅場決定。あふう。

■クトゥルフ・クラフト・ビール

Kさんより、クトゥルフをテーマにしたクラフトビール(醸造所が指導して作らせてくれる)をいただく。
Elder Gods のハニービールだそうです。イアイア。

001_3


002


003

■Game Jamboree

・ゲームマーケット前日ゲーム会@秋葉原YSにて、ゲーム情報同人誌「Game Jamboree」をいただく。ボードゲームを中心に、TRPGも。田中としひささんの漫画や藤浪さんのゲームブックもあり。 往年のゲーム雑誌を思い出すような。ガンバレ! 応援します。

■Twilog的な日記

・文庫になったので、「舟を編む」を読む。映画を見てから期待していたが、やはり面白い。そして、校正とか、紙質とかに一喜一憂するあたり面白い。
 後書きにある三浦しをん氏の取材もまた勉強になる。

・冲方丁『光圀伝』を読んでいる。
 義と不義。その間に揺らぐ心。
 引き込まれる。

 ところで、「いつまでも推敲しているばかりでは草稿でしかない」云々の下りは、別の意味で、グサリとくる(汗)

|

April 29, 2015

深淵:怪物はささやく、ゲームマーケット、武蔵正宗、幻想の書架

 GWはほぼ仕事の朱鷺田です。
 寒暖の差が身に来ます。皆様も体調を崩されないように。

■ゲームマーケット

 5月5日のゲームマーケット2015春はまた、4Gamerさんの取材で回ることになりました。
 各方面とも、よろしくお願い致します。

 前回の2,014秋の記事はこちら。

■幻想の書架

山下昇平さんよりお誘い来たる。
'15/4/27 ~ 5/16 ビブリオテカヴァニラ Bibliotheca Vanilla幻想の書架 ~夜の書架~

本がテーマ!

●深淵:怪物はささやく


009


 日曜日は東京深淵CON~シキサイ~にお邪魔して「深淵第三版」のテストプレイ。
 吸血鬼モロイの新データの確認を兼ねたオーソドックスな怪物ものでしたが、今回は、パトリック・ネス&シヴォーン・ダウドの『怪物はささやく』(グラフィックが素敵!)にインスパイアされたシナリオ。吸血鬼来襲の雰囲気演出の参考にさせていただきました。
 お話は、星のかけらを持つ少年のところに、吸血鬼がやってくる、という話。星のかけらを狙う吸血鬼との対決ですが、少年、幼なじみの少女、村の代官である能吏が非力ながらも、必死に考え、吸血鬼を倒す。
 少年と少女の関係(縁故)が徐々に上がっていくとか、少女と少年が力を合わせて吸血鬼を倒すとか、魔族の呪いを受けている能吏が魔法に頼らず、必死に大人としての立場を守るとか、なかなかよいゲームでした。

 「深淵」世界の吸血鬼は牧人の星座に敵視された存在であるため、大地に拒絶され、木材や蔦が苦手(白木の杭は致命的)であることから、少女が蔦で網を編み、これを投網のように投げるというシーンが出現。
 これが新ジャンル「投網少女」。
 ローマのグラディエーターじゃないんだから。


011

 甘いコーヒー好きの朱鷺田は、会場近くの自販機で温かいMAX COFFEEを買って飲んでいたのですが、これは練乳入りという一部で有名な超甘党ドリンクのため、一部から驚愕の声が。

 温かいMAXは千葉県民のソウルフードですよ。
 (反論は認める)

■いただきもの

大分の内田さんからお酒と甘いものをいただく。
『電光石火』をたっぷり、他のお酒も。ありがとうございました。
九州縦断コンベンション、ご盛会をお祈りしております。

023


020

■武蔵正宗


007

 先週末、新宿初台の刀劍博物館に行き、刀を見てきた。
 オペラシティからわずか数分の住宅地の真ん中にある展示施設で、武蔵正宗(宮本武蔵の佩刀と伝わる刀。岩倉家所蔵)とか、安綱とか、見てきた。
 武蔵正宗の印象は愚直な強さ。展示の解説は華やかな刃紋というが、武蔵が使いそうなまっすぐな感じがした。作られた時代が鎌倉末期、元寇の後、モンゴル兵の装甲を抜くために作られたというのも面白い。それは戦国末期の武蔵に届くのか。

|

April 21, 2015

ランナーズ・コンパニオン見本、R&R127、Febri、HPL聖誕祭

 4月は色々修羅場でした。(継続中)
 5月・6月も修羅場決定ですが、もう少し頑張ります。

●ランナーズ・コンパニオン 見本

030

 シャドウランのキャラクター関係上級ルールブック「ランナーズ・コンパニオン」の見本が届いたので、編集部に行ってもらってきた。やっとここまで来た。
 無事、今月末に出ます。おまたせしました!

 「ランナーズ・コンパニオン」の詳しい内容は今月のR&Rをお読みいただくとして、これがあれば、自由精霊とかヴァンパイアとかAIとかグールとかシェイプシフターとかコロボックルとかになれます。お楽しみに。

●R&R127


044

 Role & Roll 127号発売中。
 今回は発売間近のシャドウラン・サプリメント「ランナーズ・コンパニオン」の特集です。
 朱鷺田と西上で、「ランナーズ・コンパニオン」対応のサンプル・キャラを2体ずつ作成しました。朱鷺田の担当は「三眼の妖術師」と「ヴァンパイア・ガンスリンガー・アデプト」。前者は古代インド魔術を使う三つ目の美少女魔術師、後者は銃を撃つ吸血鬼。
 シャドウランのワールドガイドは、北米先住民国家アルゴンキン・マニトウ評議会国。自然主義のエルフ氏族との内乱に揺れる国です。

 「エクリプス・フェイズ」はリプレイ「地球降下作戦」開始。まずはキャラ紹介の導入編ですが、新キャラは「三合会の鉄砲玉」。安いポッド義体を着装したトライアドの下っ端なんで、本当に鉄砲玉やねん。

 「深淵第三版」は、妖精騎士の話。失われた瞳イェスターンのデータを掲載。
 地上に残りし数少ない妖精騎士。

●Febri #28

034

Febri#28発売中。
朱鷺田は「アニメの神話学」で「終わりのセラフ」に合わせて、熾天使の話を。
さらに、新連載の4コマ漫画「イマドキ☆エジプト神」でもエジプト神話の解説コラムを担当。
RECOMMENDでは「ゴリティア」を紹介。
ゴリラでソリティアです。

●HPL聖誕祭

2015年8月20日(木)開催の「ラヴクラフト聖誕祭」、メインゲストが早くも確定致しました。
マルチジャンル・ホラーRPG『インセイン』のゲームデザイナー、冒険企画局の河嶋陶一朗さん です!
テーマは「ゲームにおける《恐怖》について」。

ついに、クトゥルフ神話とゲームの関係を語ります!

●イベント

 朱鷺田の参加イベントの予定は以下の通り。

4月26日 東京深淵CON~シキサイ~ 
 拙作「深淵」のオンリーコンです。朱鷺田は開発中の第三版を持って参戦予定です。

5月5日 ゲームマーケット2015春
 アジア最大のボードゲームの祭典。
 今回から、JGC出張版という形でTRPG体験コーナーも登場。
 朱鷺田は、4Gamerの取材で回る予定。

5月30日 クトゥルフオンリー・コンベンション
 ゲストKPで参加予定。シナリオは検討中。

*日付の間違いを修正。

6月20・21日 TRPG文華祭
 本郷の旅館で開催される宿泊型のTRPGイベント。

8月20日 H・P・ラヴクラフト聖誕祭@阿佐ヶ谷ロフトA
 森瀬繚さんと二人で開催しているラヴクラフトのお誕生日イベント。
 今年は上記の通り、クトゥルフ神話とゲームの関係を語ります。

9月4日~6日 JGC2015
 日本最大のTRPGイベント。今年も開催です。20周年の記念大会となります。

●写真日記

 とりあえず、食べたものや読んだ本の写真を貼って日記代わりに。

002_2


036


038


040


|

March 29, 2015

クトゥルフ・フラグメント、ミード(蜂蜜酒)、ゼロ

 色々忙しい日々です。
 メールにご返事できない部分があり、お急ぎの方は携帯までよろしく。

 ……先週は、大事な仕事関係のメールがメールフィルターに引っかかって迷惑メール扱いされていたのを発見。どきどきいたしました(汗)

■Facebook/Mixiなど

 FacebookやMixiなどでフレンド申請をされる方は、必ず、メッセージをください。
 お手間かと思いますが、当方は、仕事柄、多くの方と会いますので、確認できない場合は、保留させていただくことがあります。

■クトゥルフ・フラグメント

025

 クトゥルフの翻訳&国産の記事をまとめたまさに断片的なサプリメント。猫クトゥルフことキャットトゥルフが翻訳されたのが大きいかと。個人的には、坂東真紅郎さんの幕末編にも注目。きれいなまとめ方と、シナリオ「黒い婚礼の夜」で松下村塾+クトゥルフというネタを実現した腕に感服。幕末は、以前より、「邪神たちの黒船」でやりたかったネタので、悔しいやら、嬉しいやら。

■ミード・バー+中華@水道橋太湖楼

 3月28日の土曜日は、なんとか時間を作って、ミード・バーへ。
 今回は水道橋太湖楼にて、中華とミード(蜂蜜酒)を合わせてみようという試み。久しぶりにバードロミューのフォレストと会津ミードの美禄の森から始まり、アピス、インターミエル、マクスウェルなどのミードを楽しく飲みました。

006


008

 同席された方が珍しいものを食べる会の方だったり、はちみつフェスタの関係者だったりで色々おもしろいお話を聞きました。閉会間際に、日本在住の俳優兼カメラマンのEric Bossick氏が来たので、話をしていたら、最近はカメラマンが仕事で、日本刀を撮っているとか。すわ、刀剣乱舞か!と思いきや、海外の刀剣販売サイトでしたが、なかなか素晴らしい仕事なので、刀好きには一見の価値ありかと。

Unique Japan

それを見て、フィギュア撮影の仕事も来ているとか。
その後、燻製料理専門店で、スパイシー燻製カレーラーメンを食べてUP。

■神保町散策

 ミード・バーが水道橋で、少し早くついてしまったので、久しぶりに神保町を散策。
 裏通りで、ブック・ダイバーなる古書店を発見し、思わず、買い物。

018

 通りを歩くと、天ぷらのいもやの隣の店の二階にお寺があった。
 こんなものがあったのだねえ。

004

■Twilog的な日記

・ミードバーで買ってきたバードロミューのフォレスト

020_2

・小鍋を作って昼食。

022

・まだ録画が消化しきれていないので、Gレコ最終回の話は許して。

・メモ
 ドリフターズのアニメ化!

■ゼロ

 安生正さんの『ゼロの迎撃』を読み始める。なかなか面白く、『生存者ゼロ』へと展開中。
 政府や自衛隊内部のうとましい派閥争いを越えて戦い続ける主人公たち。

016


|

January 22, 2015

R&R124、1月27日HJニコ生、ボードゲームな日々、

 あっという間に20日過ぎです(汗)
 今回は12日からの週に風邪を引いてしまい、寝たり、起きたりが続いてしまったので、何か一週間ほど消えたような気分です。
 寒い日々が続いておりますので、皆様もお大事になさってください。

 あと、平井和正先生が亡くなられたのは、とてもショックです。
 早川SF文庫のウルフガイ・シリーズ以来のファンでした。『幻魔大戦』もかなり読みましたが、やっぱり、ウルフガイが直撃すぎて、もう、犬神明の続きがもう読めないのは残念であります。
 平井先生、ありがとうございました。

■R&R124

052

朱鷺田は深淵・シャドウラン・エクリプス・フェイズの記事を寄稿。シャドウラン記事の舞台はドイツ・ハンブルク。現地在住の方の助言で原音に近いハンブルクとしました。

■萌える! 戦場の乙女事典

055

発売中 朱鷺田も少しお手伝いしました。

■1月27日HJニコ生

 来週火曜日の1月27日は、ホビージャパン社のボードゲームニコ生に出演することになりました!

【宣伝・ニコ生(2015/01/27 19:30開始)】
隔週ボードゲーム通信 第34回『フリート・コマンダー』
#nicoch2564788 http://nico.ms/lv207621089
 「艦隊戦だ!」と言うわけで今回のゲストは朱鷺田祐介氏になります。

 なぜ、艦隊戦だと私になるのか、不思議ですが、フリート・コマンダーは本当に遊びたかった作品なので、ほんと、嬉しいねえ。

■ボードゲームな日々

 色々ゲーム中。

1月10日、某所でシャドウラン。キャンペーン終了。次はアレでアレだ。

1月12日 新宿でボードゲーム

 「アメコミ・コレクション」「パイレーツ・コード」「Galaxy of Trian」「ブリュージュ」「ブラック・ストーリーズ3」など。一度も勝てなかったが、楽しかったな。

016

1月17日 秋山真琴さんが主催するミスボドに寄せてもらい、ゲーム。

一撃ヒーローズ、マッシヴ、トリック&デザート、アメコミコレクション、枯山水、通路、ピクトマニア、アウグストゥス。あまり勝ててないが、まあ、楽しかったし、色々勉強になりました。

022


030


035


045

 写真がないけれど、「アウグストゥス」はおみくじ系のゲームとしてはかなり好きなネタ。

■Twilog的な日記

・我が家のおせち

007

・お正月の六本木ヒルズ SCRAPさんの新年会の際に撮影

009


011

・1月21日 学校。ゲーム学校、タモリ倶楽部の空耳アワー山田孝之の東京都北区赤羽とかの映像を使いつつ、元吉原の話をしたりしなかったり。ちなみに、ユリ熊嵐の話とか、艦これアニメの件は先週、風邪引きながら、解説しました(汗)
 ユリ熊嵐のインパクトがすごすぎて、今季のアニメは普通に見えます。個人的には「冴えない彼女」とか「アルドノア・ゼロ」とかも面白いなあとわくわくしています。
 それはさておき、ニチアサの盛り上がりがすごくて…

 プリキュアに関しては、「お前が星を止めろよ、ブルー」

・メモ>映画の世界が広がるホビット村へ行こう! - ニュージーランドの歩き方 | 観光情報

 誰か、ニュージーランドのホビット庄ツアーとか行った人はおらんかな(ちょっとうらやましい)

・トッキュージャーのタイトルがいいなあ。「君が去ったホーム」

 「なごり雪」っていい曲ですよね。

アニメの艦これなんですが、中身よりも何よりも、ご愛顧ありがとうのCMが素敵で、提督をやっていてよかったなあ、と毎回、目がうるむ。ああ、年かなあと。

・1月20日、MX TOKYOで初代ガンダムの最終回。む。素晴らしい。


|

April 16, 2014

R&R115、映画秘宝別冊、Febri#22、ニフティなどなど

 あっという間に4月も半ばです。
 朱鷺田は雑誌や記事の締め切りとか、翻訳とか、ゲーム学校とか、卍の螺旋力や圧電効果と戦うとか、色々状況が爆発中です。

■R&R115

006

 朱鷺田は「深淵」「シャドウラン」「エクリプス・フェイズ」の記事を書いています。
 今回は4月発売号らしく、皆でシステム紹介をちゃんとしようよの回。

 「深淵第三版開発日誌」では「深淵」の基本コンセプト確認。魔族は《蜘蛛の大公スフィン》。
 
 「シャドウラン」は西上君のサポート記事につづいて、ワールドガイド「ドバイ」の2回目。ドバイの影の世界とか、ドバイで起こる大事件とか。サンプルキャラは魚雷艇カトラスを駆る「ペルシャ湾の海賊」。ブラックラグーンも出来ます。
 次は北米に戻ってサーリッシュ・シーへ。まあ、その次も考えてはおりますが、この辺の紹介を、という方はぜひ、編集部までお手紙をば。

 「エクリプス・フェイズ」はワールドガイドを1回お休みして、ミニ・リプレイ「アルビン・α・ダルベーリの不遇な事件」。オリジナルが死亡し、分岐体(フォーク)が4人集まって、オリジナルの死の謎を解く。おいおい。

 しかし、小林さんのケッコン話は驚いたな。
 カッコカリじゃないんですよね?(待て)

■映画秘宝別冊実相寺昭雄研究読本

 最近、お世話になっている映画雑誌「映画秘宝」の別冊「実相寺昭雄研究読本」が4月28日に発売となりますが、今回、寄稿させていただきました。私の担当は2006年の『シルバー假面』。実相寺監督の遺作を担当させていただくということで、ドキドキものでございます。

 『ウルトラマン』とか好きな人はぜひ。

■Febri#22

 一迅社のアキバ・カルチャー・マガジン「Febri#22」を購入。

008

「ガンダム・ビルドファイターズ」特集ということで、全話解説で涙が出る。
いいアニメでありました。

Febriは、艦これで買い始めたのだが、インタビューが充実している上、独特の立ち位置、ホットなアニメのUP直後の特集と非常に読み応えがあります。おすすめ。

新房監督のトーク連載「新房語」がなかなかよいのですが、特に今回は、講談社BOX編集部の西尾維新担当編集者の登場。アニメ制作現場のインタビューは多いけれど、版元の編集者さんを交えての対談はなかなか面白いものです。

■ニフティ


--- 富士通、ニフティを売却へ 会員減少で業績低迷 (朝日新聞デジタル - 04月10日 05:43)

朱鷺田はニフティ・サーブからネットを始め、今は亡き多摩豊さんを始め、ニフティで出会った人々の縁でここまで来たところがかなりありますので、時代の趨勢とはいえ、寂しいものです。

今もメイン・アドレスであり、このBLOGもニフティ系のココログなので、解散とかにはならないでほしいところです。

■Twilog的な日記

・生活時間帯混乱中。
 本来ならば、深夜アニメ対応の時期ですが、色々あって朝方シフト中。メインの原因はお猫様が朝5時頃に、餌をねだったり、外に出せと騒いだりするため。外出も多く、深夜手前でうとうと。

003

 『グリモリア」プレイ中の息子を妨害する猫ニケ。

・読んだ本(主にマンガ)

016

 荒川弘版「アルスラーン戦記・1」。これはなかなかイイ。
 天野絵ほど美形ではないが、苦悩する青年王子という流れには荒川さんの絵が似合う。

 巻末の荒川・田中対談もまた面白い。

018

機動戦士ガンダム Far East Japan読了。巻末にガンダムネタのカクテル・レシピ 「MS-06」「連邦の白いやつ」「黒い三連星」。アブサンを切らしているので、ザクを再現できないなあ。

012

発掘されたので、「孤独のグルメ」を再読。
変なマンガだよねえ。
ドラマの前の本なので、巻末対談では、実写の際には、ゴローちゃんがニコラス・ケイジにしようとか書いてある。

014

やっと到着。いい艦これである。

・最近、TRPG系の知人と飲むと、なぜか、上海退魔行の話になるなり(汗)
 そんなに君たち、ヴィクトリア・サッスーンが好きか!

|

より以前の記事一覧