« 永遠の冬【63】魂(たま)呼び | トップページ | 歌の龍王【01】幻視 »

2008年11月29日 (土)

永遠の冬【64】帰還


 夢を見ていた。
 果てしない夢を。

ウィリス11歳の夏。

 声が聞こえた。
 名前を呼ぶ声。
 メイアの声だ。

 ウィリスは分かっている。

 ここまでの旅路を覚えている。
 《冬翼様》を迎えに、北の山へ行ったことも、火龍と戦うために戻ってきたことも、みんなみんな知っている。
 グリスン谷を氷雪に埋めてしまった。
 故郷は、もはや、火龍とともに氷の下だ。

 それはしかたないことだった。
 あのまま、火龍に焼かれて、食われてしまう以外にこれしか方法がなかった。
 それは、ずっと昔から《冬翼様》や魔道師が考えてきたこと。

 そして、ウィリスは知っている。
 自分がお迎え役として、次の役目を担うことを。

 《冬翼様》は、この地にて火龍とともに眠りにつく。
 この谷は、永遠の冬に捧げられ、火龍を封じる場所になる。

 ウィリスは、眠り続ける《冬翼様》とその眷属の司祭となるのだ。
 この地に神殿を築き、未来永劫、祈りと舞いを捧げていくのだ。

「ウィリス」

 ああ、メイア。
 君の声が聞こえる。
 君は無事だったのだね。

「ウィリス」

 大丈夫。今、帰るから。
 ウィリスは《冬翼様》から浮かび上がり、風に乗ってメイアの下に向かう。

「ウィリス」

 風の中で形を取る。
 僕は雪狼の姫様のように、この場所にいる。
 メイア、帰ってきたよ。

 永遠の冬の中で。
 ウィリスはつぶやき、メイアに向かって両手を差し伸べる。

 泣かないで、メイア。
 僕らはずっと一緒だよ。

 ウィリス11歳の夏は、永遠の冬へと続いていく。


------------

【終章:魔道師学院 十五人委員会】

「終わりました」
 魔道師学院の最高議決機関である、十五人委員会において、幻視者カイリ=クスが報告した。彼女は「スイネの瞳」と呼ばれる学院有数の幻視者であり、レディアス=イル=ウォータン、および、棘のある雛菊エリシェ・アリオラの行動をその異能によって追跡していた。
「霧の龍王ファーロ・パキールは、《冬翼の大公》ペラギス・グランによって封印され、グランもまたグリスン谷にて眠りにつきました。
 《冬翼》の影は、ロクド山系を覆い、永遠の冬が始まりました」
 場に揃った十二と一つの塔の長たちがかすかに声を漏らす。
「大きな譲歩だな」
と、黒剣の塔を統べる《大剣のゼル》がうめく。
「予言書に記されたことでもあります」
と、幻視者たちが属する通火の塔の長、《薄明の公女メアル》が指摘する。そう、予言の範囲である。この時のために、魔道師学院は備えてきた。
「時代の終わりがまもなく来る」と、原蛇の塔の《双面のレト》は断言する。「ロクド山系に、《永遠の冬》が来た今、東方より《永遠の夏》もまた迫りましょう。我らがなすべきは、最小限の被害で時代の後継者となること」
「新たな戦火が、辺境騎士団領を襲っております」と、伝奏役のリュジニャンが報告する。「すでに、フィンドホルンは屍の群れに奪われ、黒き翼が北の塔に舞い降りた。ジャガシュの地は、火の神を奉じる蛮族に襲われ、黒蟻どもは、新たな女王を誕生させました」
 一同は、上座の堂主アルゴスを見つめる。
 青龍座から出た学院の支配者は、ゆっくりと口を開いた。
「我らの行くべき道は、変わっていない。
 雪狼の眷属は、しばし、お迎え役殿に預けるとしよう。
 白き仮面と雛菊を呼び戻せ。
 あの者たちに、もう少し、働いてもらおうではないか?」

 かくして、ひとつの物語が終わり、世界は新たな戦いに向かう。

(終わり)

-----------------------

 これにて、一旦、おしまい。
 長い間おつきあいいただきありがとうございました。

 朱鷺田祐介 

|

« 永遠の冬【63】魂(たま)呼び | トップページ | 歌の龍王【01】幻視 »